こんばんは、昨日一気にアクセスが増えて、ついに100アクセスが見えてきました。そういえば、明日結婚記念日なんですよね。ダブルで記念日になれば良いけど。


今日は、今まで紹介してきたオッペンの報償制度で、ローズメイトが収入を増やすコツを書いてみたいと思います。あくまでぺいぺいのローズメイトの個人的な見解ですけどね。


まず、一番に注目したいことは、ピラミッドのテッペンにいる人が必ずしも一番儲かるわけではないということ。そして組織上、自分の上に人がいても、いなくても自分の収入には直接影響がないということ。


普通ないですよね。


例えば派遣社員だったら、雇用先の契約料から派遣会社にたっぷりピンハネされて自分の給料もらいますよね。まあ、全額もらえるわけないですけど。


でもこのオッペンの報償制度は、自分のコミッションと自分の下にいるローズメイトのコミッションの差が収入になるのだから、自分の上がどうであろうと関係がないわけです。


つまり、第1のコツは、面倒見の良いボスの下につくことです。


だってそうでしょう。上がいてもいなくても自分の収入には影響がないのなら、自分に何がしかのメリットを与えてくれる人の下にいる方が得です。


第2のコツは、自分の下を大勢育てることです


ここでクイズです。有名なクイズなんですが収入を増やすためのツボなんですよね。


①「毎日10時間はたらいて年収500万円」と②「何もしないで毎月1万円の収入」あなたならどちらを選びますか?


ほとんどの人は①なんですよね。でも目いっぱい働いて、この収入なんだからそれ以上増えるはずがありませんよね。20時間働けば倍になるかもしれませんが・・・。


収入を増やせる人は②しか考えていないんですよね。毎月1万円では生活できませんけどね。これをコツコツ積み上げて行けばいいんです。それがやがて月100万になり200万になる。


簡単にできることではないですが、常に意識しているのと、全くしていない人ではぜんぜん変わってきます。


例えば、アパート経営して家賃収入を得るとか、ソーラーの発電所を作って毎月売電収入を得るとか、わかりやすい例ですよね。


この発想を本件に応用すれば、第2のコツの自分の下を大勢育てるにつながります。もちろん育てるのは大変なんですよ。自分にスキルもいるし、最初は自分だけでやる方が楽かもしれませんし。


でも最初は大変でも、育ててしまえば、あとは勝手に頑張ってくれますよね。自動的に収入が入るシステムが一つ完成するわけです。


残念ながら一人だけ育ててもだめなんですけどね。その人だけが100万円売り上げたら、昨日のブログの悪い例になりますよね。まあ、その人は毎月頑張るだろうから意味がないわけではないですけどね。


ようするに、このオッペンの報償制度は、上の人は自分の下が欲しい。下にいる人は面倒見のいい上が欲しい。うまくやれば、Win-Winのいい関係が築けるんですよね。


なんかねずみ講と勘違いしている人がたまにいるけど、全く違うどころか、これものすごく良くできた制度ですよ。僕、オッペンの報償制度作った人尊敬します。


育てるという話がでたので、明日はオッペンの教育制度について書きます。


では、また明日。




美容・ビューティー ブログランキングへ


にほんブログ村ランキング
今回の記事面白かったらクリックしてください。