ゴッホのひまわり

テーマ:
Sunflower of Gogh

‘ゴッホのひまわり’
という名前のヒマワリです。

市場でも滅多に出回らないので
目にして迷わず仕入れましたよ!

花びらの少し縮れた感じが情緒的で
大好きなヒマワリです。


ヒマワリも沢山の品種がありますが
そのなかに画家シリーズというのがあるのを
ご存知ですか?

この ゴッホのひまわり 以外にも

モネのひまわり
ゴーギャンのひまわり
マティスのひまわり

というのがあるんです。
それぞれに画家の絵の特徴が花に表れていて
おもしろいです。

サカタのタネ さんのHPに写真が載っています。

お花屋さんのヒマワリフェアなどで
みかけるときもあるので、
ぜひチェックしてみてくださいね。
私も市場でみつけたらアップしますね!


ほかにはゴッホの本名 
Vincent van Gogh にちなんで命名した 
ビンセントシリーズ 

ビンセントオレンジ
ビンセントクリアオレンジ
ビンセントネーブル
ビンセントクリアレモン
ビンセントタンジェリン
ビンセントポメロ

というのもあります。

花びらが丸みをおびた可愛い形で
上を向いて咲いているので
花瓶に飾りやすく、
アレンジするのにも使いやすいのが特徴です。

ほかにもフルーツの名前がついたヒマワリもありますが
それはまた次回、ご紹介しますね。


ゴッホのひまわり は
明日のレッスンで使いますよー(╹◡╹)

実際に手に取って
その雰囲気をあじわってくださいね。



ヒマワリを花瓶に飾るときのポイント
まとめてみました。

・花瓶の水は浅水で(水は少なく5cm位でOK)。

・できれば毎日水替えを。

↑茎に産毛のようなものがついていて水を濁らせやすいので。

・水替えのときに少し(1cm位)茎を切ると
   よく水を吸って長保ちします。

・茎の長さも短いほうが長く花を楽しめます。


おひさまのように明るくて
みているだけで元気をくれるヒマワリ。
夏の間に沢山楽しみたいお花です。





古家佳史巳
yoshimi furuya



暮らしの花をセンスアップ
flourish*フローリッシュ