TPP11、19年1月中旬メドに発効へ | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:

TPP11、19年1月中旬メドに発効へ 政府見通し

日本経済新聞 2018/10/22[有料会員限定]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36763310S8A021C1MM8000/?n_cid=NMAIL006

 

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の協定「TPP11」が2019年1月中旬をメドに発効する見通しとなった。TPP11は6カ国以上が国内手続きを終えれば、60日後に発効する。日本政府は22日、11月中旬に6カ国以上の国内手続きが終了する予定を確認。

 

すばらしい!!

 

この米国抜き(中国、韓国も抜き)のTPP11は、日本にとってとても重要なものだと思う。日本がリーダーシップを発揮して、大いなる経済圏を作っていくチャンスだ。

 

イギリスも加盟に興味を示しているそうだし、そうなればますますTPP11は日本にとって面白くなる。

 

 

当該記事の最下端にリンクが貼られているここ。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/fv_Tpp2018/

 

 

そこに書かれているように

>米国が参加しなくても大貿易圏となる。

 

>世界GDPの13%、域内人口5億人をカバーする。経済規模はASEAN(東南アジア諸国連合)の4倍。参加国全体で99%の品目で関税を撤廃する。企業にとっては輸出や海外展開の環境が整い、消費者にとっても食品値下げなどの恩恵がある。

 

 

TPP11に、共通特許制度を被せるというようなことも考えたらどうだろうか?こちらも、日本国特許庁がリーダーシップを発揮して、実現していけるのではないか?

 

がんばれ、日本!!

 

 

yoshikunpatさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス