インドのモディ首相、オバマ氏の晩さん会で「水だけ」 | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:
India’s new prime minister drinks only warm water at dinner with Obama
Washington Post by By Annie Gowen Septelmber/30/2014

http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2014/09/30/indias-new-prime-minister-drinks-only-warm-water-at-dinner-with-obama/

インドのModi首相が、初めて米国を訪問し、オバマ大統領に夕食に招かれたとき(9月29日)に、食事はすべて断り、水しか飲まなかった、という話。

日本語で、ここに詳しく書かれているが、[有料会員限定]の記事なので、ここでの引用は控えておく。

印首相、オバマ氏と「水だけ」で晩さん会
日本経済新聞 2014年10月3日

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77853410S4A001C1000000/

賓客がインド人であることに配慮してであろう、メインディッシュは魚だったようだが、それでもModi首相は水だけ。宗教上の理由だ。9日間にわたる断食期間の最中に催された晩餐会だったから。敬虔なヒンズー教徒であるModi首相は約40年間この断食を欠かしたことがなく、今回もいつもどおりに実行した。

これを「失礼」と取る向きもあるようだが、決してそんなことは無いと思う。逆に、もし米国大統領に合わせて、断食をやめていたら、インドでの人気はガタ下がりになったと思う。米国でも断食を続けることは、インドの政治家として必要な態度だったはず。

比較例としてふさわしくないかもしれないが、韓国の朴槿恵大統領が安倍首相の挨拶を無視した、という話しが以前あった。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140328/kor14032810100001-n1.htm

あの場合には、「反日」という“宗教”上の理由で、挨拶しないのが、韓国内の国民へのアピールとして正しい、という判断があったのだろう。ま、こちらの方は、普通に考えると「失礼」に相当するとは思うが。




yoshikunpatさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス