名人戦のおかげでニコニコプレミアム会員に | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:
ニコニコ生放送で将棋の生放送を結構やるようになり、今年はとうとう名人戦を生放送している。二日間にわたって行われる対局(1試合をまるまる2日かけて行う)を、完全生中継する。

これに抗うのは、なかなか難しい(笑)。

…で、観始めた。そしてしばらくしたら、その名人戦生放送から追い出された。人気番組だと、混んでくると有料会員が優先されるとのこと。

…で、有料のプレミアム会員になると追い出されない、ということなので、プレミアム会員になってしまった!

ほんとうに回線の混み具合の問題でそのような追い出しをするのであれば、プレミアム会員ばかりになったらどうなるのかと思う。インチキくさい課金方法ではある。が、とにもかくにもプレミアム会員だと追い出されないようなので、プレミアム会員になった。インチキくさいのではあるが、ニコニコを運営していただいている方々にも収入は必要であるからして、課金していただくので当然であり、私は気前よく払わせていただくことにした。


プレミアム会員の会費は525円/月。高いのか安いのかよくわからないけれども、クレジットカード決済で、毎月自動的に引き落とされる。

NHKがいくらだったか?それよりは安いのは間違いないけれども、番組制作にかけてある金額は桁違いであることも間違いない。将棋の名人戦の一部はNHKでも放送されるが、それはホンの一部だし、二日間まるまる生中継の「質より量」で圧倒するニコニコにはとうてい勝てない。そもそも、NHKでは海外から観ることができない。

NHKとニコニコの根本的な違いは、NHKの場合にはこちらの意思とは無関係に「払って当たり前」みたいな課金システムになっているので腹立たしい気持ちになるが、ニコニコの方は払わなくても不便を承知なら観ていただいてかまいませんという課金システムになっている点ではなかろうか。どちらの企業イメージがよいかは言うまでもない。

その他、朝日新聞の名人戦観戦サイトは月額500円。これは棋譜が見えるだけなので、これに比べると生中継のニコニコは割安感がたっぷりとある。

時代は進む…



ニコニコ生放送では、他にもいろいろな番組をやっている。

…とは言っても、こちらもそんなに時間に余裕がないので、私は将棋に限ってチェックしている。

名人戦の前には、世界コンピューター将棋選手権の中継もやっていた。こちらについては、主催者側の政治力が新聞社のようには強くないというのが主たる理由であろうが、「タイムシフト視聴」対象となっている。生放送を見逃しても、一定期間内なら何時でも好きなときに番組を観ることができるサービスだ。名人戦の方にはこれは付いていない。たぶん、主催新聞社が拒否したのだろうと思う。


世界コンピューター将棋選手権は、名人戦以上にニコニコ生放送の特徴が出ていると思う。

対戦するのはコンピュータ同士なのであるが、解説は人間のプロがやる。

とても面白い。

人間から見て「何それ?!」みたいな、コンピュータならではの指し手が出る。それを人間のプロが解説を試みる。プロであっても人間には気付けないようなすばらしい指し手であったり、人間のプロから見て「そりゃアカンだろう」というような指し手まで、よりどりみどり。人間とコンピュータとのコラボレーションのようなものがそこに醸し出されている。

それにしても、将棋ソフトは強くなった。

ただ、コンピュータがいくら将棋に強くなっても、解説については人間がコンピュータにとって変わられることは一生無いだろう。

解説者を将棋ソフトがアシストすることはありえると思う。というか、人間同士の対局の解説でも、今後そうなっていくべきだろうと思う。その方が、より正確で興味深い解説が行えるはず。





このニコニコ生放送は、来場者数が表示される。これにより、なんだかんだといって人気があるんだなあ将棋って、となんとなく安心してしまった。直近の名人戦生放送は5月9日の名人戦第3局二日目の放送で、来場者は367,387人となっていた。私も観ていたので、その一人だ。

名人戦第4局は5月22日に始まる。もうすぐだ。楽しみである!

yoshikunpatさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。