シンガポール&ジャカルタの旅 (ジャカルタ編) | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…

2011年3月6日から12日の1週間シンガポールとジャカルタとを訪問した出張旅行では、何があるのかよくわからないジャカルタの方により強い興味がありました。シンガポールとジャカルタ、というか東南アジア方面には初めて行ったので、いずれの地も訪問が楽しみでしたが、とりわけジャカルタの方は想像すらできない状態で期待にあふれておりました(笑)。


 ま、しかし、便利な世の中になったもので、世界に散らばる日本人も含めた多くの日本人が参加するSNS(インターネット上のソシアル・ネットワーク)で、インドネシア在住(もしくはインドネシアに詳しい)日本人に向けて問い合わせをしました。

 そこから得られた“最新”情報は、なかなか緊張感を増さしてくれるものでした。主としてお尋ねしたのは、水曜の夜から土曜の夜までの間ジャカルタに居るのですが、その最後の土曜日に田舎の方を観光しようと考えていたので、それ及びそのときの通訳の手配に関するものでした。

みなさんからのお返事は、たとえばこんな感じ…

>渋滞が激しいから危ないですね。土曜の夜は渋滞どうでしょうかね、雨とか降ると最悪。

>現地の知り合いでもないドライバーに 相談するのは危険と思いますよ。 そうでない人も居ますが、基本的には彼らは自分の言動に関して責任を 持ちません。ほとんどの場合、絶対自分が悪いとは認めませんので・・

>日本の感覚で、空いた時間を有効利用しようとしても、インドネシアは jamkaretですからね。ちょっと危険な気がしますね。お気をつけて・・・

>ジャカルタの節操のない渋滞もハンパないですが とにかく治安も悪いです。。。

>インドネシアは日本人、先進国の常識、感覚など 全く通用しない国です。

>何かあったら助けて欲しい、市民の味方であるポリスですら、 何もわからない外国人などを平気でカモる国ですから。

> 少し郊外に行くと、穴が開いていたり凹凸があったり屋台が歩いていたり、道に乞食はいますし、道路状態も悪いですから、気をつけて下さい。





どんなことになるかと思いましたが、実際に行ってみると、少なくとも私は“平気”でした。インドの方がまだまだ格が上ですワ(笑)。

ジャカルタに到着した直後に、みなさんのアドバイスに対して、私は次のようにコメントを書きました。

>ジャカルタに着きました。
>ホテルは快適ですね。よく知らないけど、たぶん高級ホテルなんだと思います。渋滞も、恐れていたほどにはひどく無かったです。空港の中の道ではひどかったです。
>ホテルで手配してくれた日本語ができる通訳さんはMr. Amsoriという人。どなたかご存知の方ありますか?I'm sorryみたいな名前で、手配してくれた人といっしょに笑ってしまいました。
>明日、訪問先の一つにおられる“日本語ができる弁護士さん”にお会いするので、「どうですか、いっしょに土曜日に行きませんか」とお誘いしようかと思っています。
>今のところ、インドネシアもインドネシア人も、聞いていたよりずっとまともですね。というか、特にひどいということはなくて、こんなので“普通”だと思います。日本とかシンガポールとかが世界の中では異常ですわね。
>彼らの英語の発音に慣れていないので、分かりにくいけど、ま、ぼちぼち慣れてくるでしょう。


(続く)