中国企業の商標、海外でたびたび侵害 | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:

http://j.people.com.cn/94476/6644485.html
「人民網日本語版」2009年4月24日


「日本企業の商標、中国でたびたび侵害」の間違いではない。

時代は急速に変わりつつある。


農水省、中国の商標登録を監視へ 「青森」「松坂牛」
http://j.people.com.cn/94476/6656857.html
「人民網日本語版」2009年5月13日


普通は、こういうことなんだけれども…


まわるまわる時代はまわる…


「中国企業の商標、海外でたびたび侵害」記事によると、

(引用始)
中国企業は海外市場において商標を侵害される被害者になりつつある。国家工商行政管理総局がまとめた統計によると、現在、海外企業が中国で申請した商標登録は13万件に達する一方、中国が海外で申請した商標登録はわずか8607件に過ぎない。こうした不均衡は中国企業の海外における商標保護意識の低さを物語るものだ。…(中略)…これまで商標権の侵害行為は中国市場への進出を願う海外企業に対するものが多かったが、現在では香港特別行政区、米国、欧州、アフリカの各市場で事業を展開する中国大陸部企業がターゲットになっている。
(引用終)


時代が回っていない重要部分もある。

(引用始)
カナダのCTVテレビジョンネットワークが伝えたところによると、カナダ知的財産庁のオンライン商標データベースに登録された中国の有名商標は約60件あり、2人の中国人が最近、個人名で登録したものとなっている。

>中国商務部国際貿易経済合作研究院多国籍企業研究センターの王志楽主任が22日述べたところによると、中国有名ブランドをターゲットにした悪意に基づく商標の侵害登録は、中国事情に詳しい現地人か中国人によるものがほとんど
(引用終)

というようなことで、他人の著名商標の無断登録活動をやっているのは中国人という図式は、従来と変わっていない。


まあ、しかし…

このような経験を中国企業もすることで、中国国内での知財保護意識も高まっていくのだろうと思う。