新爸、一路走好!(クレヨンしんちゃん) | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:

「一路走好!」~『クレヨンしんちゃん』の作者逝去に関する中国の熱い報道
日経ビジネス・オンライン 2009年9月25日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090924/205436/?P=1



「クレヨンしんちゃん」の作者の逝去に、多くの中国人が悲しんでいるとのこと。


この記事の説明によると「一路走好!」は哀悼の意味を持っているそうです。

>中国語の「走」は「歩く」という意味で、「好」は「良い」という意味。したがって「一路走好」は「(あの世にいらした後の)人生がどうか素晴らしいものでありますように!」ということを指す。「ご冥福を祈る」(祈冥福)と内容的には同じと言えば同じだが、言葉のニュアンスが異なる。故人を愛し、自分に非常に近い存在として慈しみ、かつ敬愛する心が込められているのである。



中国内で、大手メディアもネットも大量に報道したとのこと。マンガの力はすごいものだと思います。鳩山首相より大きく取り扱われているらしい。

>「人民日報」電子版である人民網(網はネット)では、娯楽チャンネル、メディア・チャンネル(「中国新聞網」からの転載)、bookチャンネル(「広州日報」からの転載)というように、30分から数時間という非常に頻繁な間隔で「蜡筆小新」の作者に関する新しい記事を載せ、21日の時点で「人民網」だけで200項目以上の記事を見つけることができた。

>紙ベースでも多くの新聞がこの訃報を大きく扱い、「北京晩報」(夕刊)では「世界新聞」(世界のニュース)の頁で紙面半分を割いて扱っており、北京の「京華時報」でも紙ベースで報道したものを京華網というサイトに載せ、それがつぎつぎに転載されている。



この記事は、
>中国の若者たちだけでなく、世界の若者たちを、言語と文化と民族を超えて一つに結んだ臼井氏の功績を讃えたい。そして私もまた一つになって、心からの哀悼の意をささげたい。
>「新爸、一路走好!」

と締めくくられている。

まことに、同感の至りです。


http://blogs.yahoo.co.jp/yoshikunpat/60436106.html
ここで、手塚治虫の漫画と小林よしのりの漫画の持つ「公」の大きさの違いに言及したが、臼井儀人のクレヨンしんちゃんはもちろん大きな方の「公」。

すばらしい!!日本人として誇りに思います。

ありがとうございました。

yoshikunpatさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス