レナウン娘も中国へ | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:
一月くらい前に書いたBlog中・韓企業による日本企業の買収」
 
の続き…
 
 
 
 
レナウン、中国企業の傘下へ=衣料品需要低迷で
2010523日 時事通信  
 
 
>経営再建中のレナウン〈3606〉を、中国の繊維・紡績メーカー山東如意集団(山東省済寧市)が買収する方針であることが22日、明らかになった。
>第三者割当増資を通じて、山東如意がレナウン株式の約4割を取得、取得額は数十億円に上る見通し。百貨店を中心とした国内の衣料品需要が低迷する中、かつての名門が中国企業の傘下入りすることになった。23日にも発表する。
 
 
レナウンと言えば、レナウン娘のテレビコマーシャル…
 
 
 
 
一世を風靡した企業(ブランド)のひとつ、といってもよいのではないかと思います。
それにしても、この1967年のコマーシャルはカッコいいですね。
 
 
 
少し前の記事をみてみると…
 
会長と社長が“引責辞任”。レナウン再建の険しい前途
2008220日 ダイヤモンド・オンライン
 
 
>レナウン再建の険しい前途  投資ファンドのカレイド・ホールディングスの出資を受けて経営再建中だったレナウン。業績悪化を背景に、渡辺省三会長と岡康久社長の両首脳が辞任する異例の人事発表に追い込まれた。
 
>レナウンには選択肢も時間も、わずかしか残されていない。
 
 
この記事に書かれているとおり、時間はわずかしか残されていなかったのでした。そして、中国企業に買い取られていきました。この記事から、わずか2年。
 
 
 
これから2年後に、さて、どのくらいの日本企業が同じような道をたどるのでしょうか?そして、5年後には?そして、10年後には?
 
 
 
 
そういえば、VANジャケットはどうなったんだったか、と思って調べてみたら…
 
 
Wikipediaの情報によれば、ショップはなくなったが、会社は存続しているらしい。
 
 
 
 
 
  祗園精舎の鐘の声、
    諸行無常の響きあり。
  娑羅双樹の花の色、
    盛者必衰の理をあらはす。
  おごれる人も久しからず、
    唯春の夜の夢のごとし。
  たけき者も遂にはほろびぬ、
    偏に風の前の塵に同じ。

yoshikunpatさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ