弁理士と税理士の組合せ | 知財業界で仕事スル

知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:

弁理士業務と弁護士業務の組合せに将来をみる人は多い。弁理士がロースクールに行ったり、理系学部出身者がロースクールに行ったり、といった例がたくさん出てきている。
これは、想到容易な組合せである。

一方、弁理士業務と税理士業務の組合せはどうだろう?私は、たった一人しか知らない。弁理士業界では税理士として有名なS先生。

知財第1次産業(知財の創造)、知財第2次産業(知財の加工。権利化)は相当に発達してきているが、知財第3次産業は未発達といってよい状況だろう。たぶん知財第3次産業では知財流通が主流になるはずだ。
知財を流通させるには、知財に値段をつけないといけない。そのためには、知財法の領域だけでなく、会社経営や会計といった金勘定の部分に踏み込む必要がある。

そこで、税理士資格に思い至った。

今までは、弁理士資格と税理士資格とをとったとしても、そこに業務上の相乗効果はなかなか出てこなかったのではないかと思う。それは、知財産業のうち第3次産業が未発達だったからではないか。しかし今や、有体財産よりも知財(無体財産)がビジネスに強く影響を及ぼしているといわれる世の中である。

ところが、会社の会計には有体財産はキチッと計上されるのに、無体財産の方はまったく無視されている状態にある。このため、会社の状態を会計データから推し量りにくい状況になっている。無体財産に値段をつける業務は今まったくの黎明期にあり、重要性だけが増して、未だに実質的にまったくできていない。

会計の専門家は知財のことがわからない、知財の専門家は会計のことがわからない。それらの領域を有機的に結びつけて、知財に正当な値段をつけ会計データとして扱えるようにしていく必要性だけがどんどん上がっているのに、それに対応できる人材が供給できていない。

弁理士+税理士を目指すのってどうよ?

yoshikunpatさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス