木村佳子のブログ

社会とのコンタクトポイントの一分野として経済・株式市場をとらえ、分析する過程で資産運用力を磨き、人間として深い「知」を獲得しよう


テーマ:

どうも、妙なデジャブ感があります。

安倍総理と野田佳彦元総理の交代劇が起こったあの時と実にそっくりな状況ではないですか?

 

野田佳彦氏が総理だったあの時の状況を思い出してみましょう。

あの時も突然でした。

尖閣国有化を実行したのが2012年9月11日

党首討論で解散に触れたのが11月14日

この突然の解散が今回と重なります。

 

当時の金融マーケットでは13日からそれまでの円高から一転して円安に。

株価も反応していました。

ジョージ・ソロス氏がこの時に為替で巨額の利益を上げたことから、ホワイトハウス情報を何らかの形で感知されたのではないかと思います。

ちなみにこの時、IMFの会議が日本で開催されていたことから、別の観方を提示している人がいましたが、私はグランドデザイン上のキャスト変更があったのだろうと思います。

 

その際、当時の野田総理の状況を推測するのに、

惨敗はまったく予定外だったと思います。負けることが分かっているのに解散しないと思うからです。

彼は十分、続投の気持ちを持っていたろうし、そういうことを信じるだけの話がグランドデザインを描く側からもたらされていたのだろうと思います。

ところが惨敗して政権を去ることになった。

 

野田氏は、「あ、そういうことか」とさっぱりとした顔をされていたことから、いい話を聞かされていたのだろうなあ、と感じたものです。

 

私の解釈では野田元総理は尖閣国有化でお役御免。もう、あなたと今後、進める案件はない、とアメリカ主軸のグランドデザインを描く大きな動きから袖にされたのだ、と思います。

 

要は野田氏には尖閣国有化と解散が国際的なタスクだったのでしょう。

で、役目が終わったのでもう、いらないというわけです。

 

だから今回の安倍さんの解散決断も同じような流れではないのか、という気持ちを覚えます。

だとしたら、

今度の選挙ってアメリカ主軸のグランドデザインの描き手から、安倍外しを企画されている、という仮説①

を立ててみるのもアリかと思います。

要は解散させる、安倍氏を外すことが目的とすれば、いい話を聞かせて解散させる、というコースもあり得ます。

あるいは日本に政治的空白を作らせ、北朝鮮の暴発を誘っているのかもしれません。仮説その②

10月10日は北朝鮮の労働党記念日ですし。

 

あるいは中国が中国東北地方を調査しているらしいと聞くので、中国の行動を促進しているのかもしれません。

中国が動くとしたら、10月18日から北京党大会なので、その前なのか、その後なのか。仮説③

 

11月にトランプ氏が来日、訪中をする時系列で、どういうことが考えられるだろうか?

 

 

 

突然、小池百合子さんが「私がやる」と名乗りをあげたところにもひっかかります。

勝算があるから出てきたのでしょう。

お金、人、情報。

 

ヨシ、できる!

そう思うから出てきたわけです。

もちろん、海外からのGOサインのようなものもアベノミクスの登場時と同じようにあったのだろうなと思います。

 

企みをする側は相手国が手薄な状態であるとか、情報が分断されているほうが都合がいいわけです。

さて、野田佳彦さんが退場した日本ではアベノミクスで株価も上がり、円安も進み、海外からの旅行者も増加し、しぼむ消費が膨らんだ・・・・。

 

では、もし、安倍さんが野田さんコースを歩んだ場合、どうなるのでしょうか。

安倍さん+日銀黒田氏とが進めてきたアベノミクス。

 

かりに安倍氏が退陣した場合、

自民党は政権与党として新たな総理を立てるのか?

 

一端はそうなってもいずれ、小池・希望の党と合体して自由民主・希望の党となり

小池総理が誕生するのか

 

なんか、ごちゃっとした未来図ですねえ・・・・。

金融マーケットは正直です。

 

アベノミクス継続が可能か、どうか。

日本経済の展望はどうか。

 

仮に安倍さん以外の総理が誕生した場合、

安倍さん以上に政策を推進できるのか?

 

それともグランドデザインを描く大きな潮流からアベノミクスはもう、おしまい、と幕引きを宣告されたのか。そもそもアベノミクスは作られた理想的な芝居の書割で、「幕」を閉めてみれば円安と株高、土地高、オリンピック大工事を伴うインフレ物語た゜ったのかなあと。

 

マーケットが示唆する答えを注視していきたいですね。

 

さて、9月29日は3月末本決算企業の9月中間決算日です。

この日、株価が高いほうが嬉しい会社もたくさんあります。

 

さらに26日は株主優待や配当取りの権利をとるための最終日です。

 

期末要因、政治要因、国際情勢、様々な要素が錯綜している中で、妥当な株価で売買をしたいものですね。

 

それにしてもいつ、安倍さんは虎の尾を踏んだのかなあ?

トランプ氏が脱退したTPPに連携したことでしょうか。

【追記】

稲田朋美さんを防衛大臣に据えたことが×だったのかもしれませんね。

【追記2】

いや、きっと稲田朋美さんを防衛大臣に据えたことが、諸事の始まりだったと思います。

このことはよく調べてみます。

 

とはいえ、実に不思議ではあります。

 

日経平均株価の動向を予測するために今回は以下のチャート加工品を作ってみました。

ゴールデンチャートを加工しました。

強気ゾーン

実現可能性期待ゾーン

弱気ゾーン

 

資金配分とトレードゾーンの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

木村佳子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。