山鉾巡行(後祭)

テーマ:
会社からすぐ側の御池通りへ「平成で最後となる巡行を見なければ!」と、またまたサクッと見に行ってきました!
先日の前祭よりも人は少なめでしたが、猛暑の中でも、たくさんの人が見に来ていました。
前祭は神様が八坂神社から御旅所に渡御する神事であるのに対し、後祭は神様が八坂神社にお環りになる神事という事で、今日は10基の山鉾が前祭の巡行と逆回りで、烏丸御池から四条烏丸へと向かいます。
「くじ取らず」で、先頭の『橋弁慶山』が進んで来ます!
(1)橋弁慶山(2)北観音山(3)黒主山(4)鯉山(5)鈴鹿山(6)南観音山(7)役行者山(8)浄妙山(9)八幡山(10)大船鉾の中で、
(1)橋弁慶山(2)北観音山(6)南観音山(10)大船鉾は「くじ取らず」で古来より山鉾巡行の順番が固定されています。
猛暑の中、山鉾の曳(ひ)き手ら巡行されてる方々は、熱中症対策で水分と塩を摂りながら頑張っておられました。
最後も「くじ取らず」の『大船鉾』
『大船鉾』は元治元年(1864)の「蛤御門(禁門)の変」による火災で鉾本体が焼けてしまい、以後は「休み山」として残された飾り物を展示するかたちでの参加が続いていましたが、平成26年、『大船鉾』は150年の時を経て祇園祭によみがえりました。
「大金幣(きんぺい)」と「龍頭」を1年交代で船首に設置していますが、今年は「龍頭」で迫力があります!

京都では「祇園祭が終わると梅雨が明ける」と言われていますが、もうとっくに梅雨は明けており、本当に今年の暑さは・・・(;^_^💦