きよの漫画考察日記

我が家の本棚のマンガを1冊づつ考察中。
ちなみに3,000冊近くあります...


テーマ:

{6DCDE053-16AA-479C-9763-295DA42007CF:01}
ダイとハドラーの長い戦いがついに決着!

お月様


まずはヒュンケルが兵士ヒムをわずか3ページで瞬殺(笑)マァムと合流します。
{3758AA9C-F700-43CA-B5AF-96431FB35DE9:01}
ヒュンケルvsポップでヒュンケルが苦戦する絵面が想像できませんけどね。ヒュンケルの鎧は魔法を全て弾いちゃうしなぁ…

さてポップを心配するマァムに対しヒュンケルからアドバイス。
{DD6B1348-D8EC-4072-A3A0-DC382184433D:01}
真顔で愛を語れる男ヒュンケル、ちょっと前までは愛どころか人間すら信じないと言ってたのにねぇ…
{E768611A-645F-4362-83DB-091F4D12EF11:01}
そこで肩を抱く必要あるかね?

そんなこんなでマァムはポップの元へ。
{CFFF194C-2FEC-4942-8C97-EEE1D59C22CF:01}
「幸せにできない」という言葉はさ、「幸せにしたいと思ってる、だけどできない」という意味を含んでおるんよね。不器用な男ですよヒュンケルも…


さてポップvs騎士シグマ。シグマの攻撃を何度も受けながら立ち上がるポップにシグマが尋ねます。
シグマ「…君は本当に人間なのか?ゾンビか何かでないとその不死身…説明がつかん…」
ポップ「…よしてくれよ…俺はれっきとした人間だぜ…」
{773D7200-9192-4A3B-B56A-761933081309:01}
まぁポップは一回死んでますからね、ゾンビだといえばゾンビです(笑)

そんなポップにシグマのこの必殺技。
{D518514A-A63B-4F86-9D84-9375502FA945:01}
ライトニングバスター!
その威力はイオナズンと同じだそうです。まぁダイの大冒険においてはイオナズンやベギラゴンの破壊力がいまいち分かりづらいんですけどね…


がしかし自らの体に回復魔法を使い立ち上がるポップ。

{B311387B-1530-4ABC-8708-49B919507E82:01}
攻撃魔法と回復魔法の両方を使える者、それはもちろん賢者なんです。だけどマトリフは賢者という呼び名が嫌いだったんです。そんなマトリフが考えた世界に一人しかいない最強の呪文使いの称号は…
{874C96E5-991F-421D-8443-1797BE448EAF:01}
くぅ~、シビれるねぇ!

そんなポップはついにメドローアで勝負を仕掛けます。
{FC947C9C-C75C-4574-A092-CC83BC7841FF:01}
そんなこんなでメドローアをくらっちゃったシグマ。
{74D700B3-7E1F-4594-A11A-11616C0C2EAB:01}
ハドラー親衛騎団、これにて全滅。でもこれは作戦ミスだったと思いますけどね。ポップに対してはシグマをぶつけるのではなく、超スピードでメドローアをかわせるであろうアルビナスをぶつけるべきだったのかもしれませんね…


さぁそして勝利の女神マァムに対し、ポップが本日二度目の告白。

{0E2A2657-3D8E-4978-B34A-749646DFC66C:01}
う~ん、キュンキュンしちゃいますな(笑)

さてこれに対するマァムの返答やいかに⁉︎
{ED7583B1-F9D4-4CC8-B50C-84CA4C72C979:01}

{9F653905-3B6A-49C2-8FA1-4DDCA5C50221:01}
う~ん、灰色決着(笑)とゆーかやんわりと拒絶されているようにも受け止めれるけどねぇ…

そんなはっきりしないマァムをポップが押し倒します(笑)
{595CB828-FB54-4A01-AB7B-51A946F27EE1:01}
いけ~ポップ!
{76506AE7-210A-4DD3-87A7-D30749388C5F:01}
ポップ「しっかし本当に目ェつぶっちゃったりしてさ~!おめえ本当は現時点でもけっこうおれに脈があるんじゃね~のォ?」
{DDB64165-F5F0-4AF8-8767-8ADFB09CFA60:01}
こいつらは大魔王の居城で何をやっとんだか(笑)

そしてついにダイvsハドラー。両者の闘気が渦を巻き、誰も近づけません。
{659C132E-CC89-43CE-B1CC-2667E6AA9D35:01}
冥竜ヴェルザーと雷竜ボリクスの真竜の戦いの再現です。まぁダイの大冒険はもちろんドラゴンクエストをベースにしてますが、本家ドラゴンクエストにおいてドラゴン系のモンスターはなかなかラスボスにはなれないんですよね。それこそDQⅠのりゅうおう以降はDQⅧの隠しボスである竜神王くらいのもんでしょ。ドラゴンクエストというからにはもう少しドラゴン色が強くてもよいような感覚もしますけどね…

そんなこんなでダイとハドラーは最後の激突。ここでダイが新たに見せる必殺技が…
{48E79D89-0137-40FB-B075-06BBDA3FC57B:01}
アバンストラッシュA(アロー)!
作中登場したアバンストラッシュを全て振り返ってみると、一番最初にアバン先生が披露した時やダイが初めてハドラーに打ったのはAタイプです。

ここからさらに…
{24650123-93AE-4EA6-89E5-833396AFD2B7:01}
アバンストラッシュB(ブレイク)!
クロコダインを倒したりしたのはこのBタイプですね。

そんなわけで先に放ったアローにブレイクが追いついてこーなります。
{C52B3900-C0AE-41D7-8F6E-C58DB6F06F90:01}
アバンストラッシュX(クロス)!
ダイの最強の技ということで良いでしょう。このアバンストラッシュXは大魔王バーンの腕すらも斬り落としますからね、破壊力としては作中最強クラスでしょう。FFⅦのクラウドの超究武神覇斬クラスの剣技です、これは。

そんなアバンストラッシュXを見たヒュンケル。
{00A6BEEF-4912-4E4A-9FB2-6F15A8F4E8B2:01}
こういうのは漫画でよく見ますが、果たしてどーゆー理屈で計算してるんでしょうかね?適当に言ってるようにしか思えないんですが…

しかしそれでも立ち上がるハドラー。
{B702264F-4FA2-49DC-B725-D60CC32CD178:01}
タフです。作中の登場人物の中では2番目にタフです。もちろん1番タフなのは獣王ですよ、そこは譲れません。

これに対してダイも奥の手。
{A0FA9083-FD89-4649-BD43-9DAAB4953EBB:01}
1ターンかけることによって次ターンに攻撃力を倍増させる、まぁ「ちからため」のようなものです。使うことはほとんど無い特技ではありましたが、相手がこれを使ってくるとドキドキしますよね、次ターンまでにトドメ刺さなきゃいけませんからね…

つーわけでハドラーには力が溜まる前に潰すという選択肢もありましたが…
{2BF7E912-52DE-4FAF-B360-C5315B6DE1DE:01}

{ECEDF66A-6BD8-437F-98A9-4F62FF4A2699:01}
やっぱ人間死に直面してそれを受け入れた時が最も輝く瞬間なんでしょう。もはや何にも縛られることがなくなれば、後は己の魂に正直に突き進むだけですからね…

そんなわけで正真正銘最後の激突。ハドラーは全生命をかけた超魔爆炎覇、これに対しダイはギガブレイク!
……と思いきや!
{0EBB36BD-7FA7-4CAC-B5BA-2262A7B2BED2:01}
ギガストラッシュ!
これがDQⅥに逆輸入されてギガスラッシュとなるわけですな。後にはこのギガスラッシュを上回るアルテマソードのような剣技も登場しますが、やはり我々の世代ならギガスラッシュは思い入れの深い特技でしたよねぇ…

つーわけでついにダイvsハドラー決着。
ハドラー「アバンの技に…バランの力か…フフッ…あれには勝てぬわ…」
{45B9ECC7-2C4D-46F5-A75B-FABD45B43DFA:01}
このままハドラーが消滅してたら、我々の心にそれほど残ることもなく単なる敵キャラの1人として記憶されていたんでしょうがね…

ここで二人の決着を邪魔する死神キルバーン登場、罠作動。
{29BE082D-8CB3-4DCD-87C7-4467D37E5638:01}
海破斬あたりで斬っちゃえばなんとかなりそうなもんですがね…

つーわけで獄炎に包まれたハドラー&ダイ、キルバーンは高笑いしますが…
「…そうなにもかも上手かぁいかねえぜっ!」
{435B0241-920C-4DA5-98CD-4746CB23C91C:01}
頼りになる男ですよ、ポップは。ただ突っ立ってるだけのヒュンケルやマァムなんてメじゃありません(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

よしきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。