自動車の無人運転・自動運転の技術革新が現実的なものになりつつあります。日本がリードするあらたら技術として成長戦略の柱でもあります。
問題としては、もしもの事故の際の責任の所存で、これに関しては政府も法整備を念頭に入れて、まずは特区にての実現を目指す方向です。

さてここで地元の事情と絡めて考えてみたいのですが、富士市における交通の課題の一つとして、新幹線駅である新富士駅と在来線である富士駅が別々の場所にありバスやタクシー以外の移動手段が無いことは長年の懸案です。これまで様々なアイディアが検討されましたが実現には至らず。
そもそものあらたな鉄道路線というのは地方の赤字路線が問題となる今日現実的ではありません。
そこで私はBRTを提唱してきました。
BRTは一般的にはバス専用道路をつくりその上をバスが走る事により、公共交通における重要なジャストタイムでの移動を実現する交通手段です。鉄道路線よりも低コストである事など様々なメリットがあります。さらに広義では専用道路は無くとも、交差点でのバスの優先権を確保する信号調整でのバスの運行も含まれます。この手法は投資も少なく、かつ重要なジャストタイムでの移動が確保できる点が大きなメリットでしょう。
新富士駅と富士駅の距離は直接で1.47㎞、主要幹線を通る富士駅北口ではなく、南口からの導線を利用しての信号調整BRTの運行は試験に行う価値はあると思います。

そこで、出前の自動運転と併せて行くというプラン。技術的には可能であってもやはりそこは周りの人の安心感も同時に形成してく必要があります(最初の段階ではドライバーも予備的に乗車するような形かと予想しますが)。接触事故等の懸念の払拭を考えたとき、BRTで実走をするにはうってつけです。

富士市に限りらず地方の公共交通に課題や、不幸な交通事故が増えてきている今日、無人運転・自動運転の試験的運用は、公共交通問題解消と絡めて行うべきだと考えます。

コメント(1)