参議院議員選挙の結果を受けて

テーマ:
昨日、参議院議員選挙が投開票され自民党は改選議席を上回る結果となりました。

静岡選挙区においても公認候補岩井しげきさんが当選。本当に多くのご支援を頂きました。

全体の結果として自民党・安倍政権おける政治の安定が支持されたものと思います。

しかし局地的な結果を見ると課題が浮き彫りになったとの指摘もあります。

国の政策に直結した地域独自の課題を抱える県においてです。具体的には、東北地方や沖縄では現職大臣が落選をするという結果なったことです。

全体としては自民党・安倍政権の経済政策や社会保障政策などが引き続きの後押しを頂いたなかで、地域の事情おいてはその支持が行き渡らなかった。それら地域の隅々に至る事情にまで精通してはおりませんが、広い視点でみると総論賛成各論反対の意見が多数あるという印象を受けます。

私も静岡選挙区の選挙応援おいて、様々なご意見いただく機会がありました。

全体的には2012年の第二次安倍政権発足後、それ以前と比べ着実に結果を出し、今後の課題に対するビジョンも明確であるものの、各論においては疑問もあるという方々もいるでしょう。そしてそれらの意見がパーソナルメディアの発達により発信、情報交換されて形成された『世論の声』を目にする機会が増加しています。

ただ今日のメディアの発達と多元化は、有権者に取ってみれば多角的な見地から政策を判断する手段になるとも言えます。一介の情報だけにとらわれるのではなく様々な意見や情報を参考にして意思表示ができます。もちろんその中から如何にして正しい情報を選択するかは予てからの課題です。


その民意の結果を受け代表たる議員を選出する議会制民主主義においては、意見集約の絶対的過程である選挙の結果を重く受け止めなければなりません。しかし一方で直接民主主義との相違点として、議会における合意形成にも重きをおく事も怠ってはなりません


これは政治家が驕って意思決定の権限を行使するということではなく、専門的見地も加味して最良の意思決定するということです。時に高度な政治課題に関しては、政府も外部の有識者や専門家の意見を聴取したり、国会の委員会においても参考人招致などで専門的な意見を参考にして決定をするといこともあります。

そこで時として世論とのズレが浮き彫りになることもある今日ですが、アメリカの第37代大統領リチャードニクソンの1986年の著書のなかに世論について触れている一文があります。

『支持率に盲従する政治家は当選はするかもしれないが、偉大な指導者(リーダー)はおろか、よき指導者になれないだろう。世論調査の結果は、どういう人々を説得する必要があるかを知るには有用だが、それによって針路を決めるようでは当事者能力の放棄である。


少し高邁なようにも聞こえますが(共和主義者ニクソンらしい?)、1986年に出版された書籍に今日のメディアと政治あり方を予見している感もありますし、最終的意思決定おける責任の所存にも関わる指摘です。

意思決定の責任の所存に関しては、イギリスのEU離脱問題でも課題となっています。

私自身は当落が安定しない一若手政治家に過ぎず、リーダーという言葉は程遠いわけですが、今回新たに信託を受けた自民党・安倍政権においては、日本や国民の皆様の為に最良となる意思決定を、勇気持って力強く行うことが期待されているのではないでしょうか。
同時に意思決定に至る過程において目指す先を明確に理解し、有権者の皆様と対話を怠ることなくしっかりと説明責任果たしていくのは、選挙区を頂いている我々の責務でもあります。