参議院選挙

テーマ:

昨日行われた参議院通常選挙においては、我が党に大変多くのご支持をいただき、静岡県選挙区においては議席の維持、全体では非改正議席と併せ過半数を獲得するとができました。





さて投票率は過去3番目に悪い約52%と低調。





この低投票率が政治不信の表れであるとの意見があります。


確かに一理あることで、ここ数年の政治不信の蔓延は事実であり、多くの国民の皆様に未来に希望の持てる政治の在り方が問われています。





しかしながら我が党を含めたなかで、確かな期待を持って投票行っていただいた方の意思を第一に尊重していくことも肝要であると考えます。





抵投票率の報道が過熱すると、どうも投票に行かない方のマインドがクローズアップされがちですが、反面確かな意思表示をして頂いた有権者がいることのほうが重要では。





また投票を放棄した方のなかで、どの程度が真剣に考えた末の意思ある放棄なのか、どのような状況であれ政治に無関心なのかも不確かな部分です。





参議院選挙や衆議院選挙の比例のシステムも浸透していないのは事実で、選挙期間中に有名なコメンテーターが民法番組にて丁寧に説明をしていたそうです。


私も支援者から説明を求められることも間々ありました。





今回解禁となったネットでの選挙活動においても、その使用方法や内容に賛否がありますが、結論として仮に思うように機能しなかったとしても、ネットでの選挙活動は一つの手段であり、それが全てではない。





私は衆議院の倫理選挙特別委員会の委員であり今回のネット選挙解禁にしても、委員会審議にたずさわりましたが、それを含めたなかで衆参ともに選挙制度の抜本改革は進めるべきとの考えを持っています。





選挙は政策実現のための手段であり目的ではありませんが、より良い政治のためにその根幹であるのは選挙制度。


より解りやすく意思表示がしやすい選挙制度の確立も、政治課題です。