【講演】「「働き方改革」と中小企業の採用最前線」セミナーで講師を務めました! | 吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

株式会社シエーナ代表取締役/社会保険労務士&ビジネスコーチ 吉川直子の公式ブログです。


テーマ:

 

 

昨年の12月のことで恐縮ですがあせるビズアップ総研様主催「働き方改革活用と採用ブランディング戦略」セミナーにて講師を務めさせていただきました!!

 

 

 

本セミナーは2部で構成されており、私は第1部の「働き方改革と中小企業の採用最前線」を担当させていただきましたメラメラ(ちなみに第2部は、ベストセラー『採用ブランディング』の著者でコンサルタントの深澤 了先生でした!!

 

 

 

今、多くの中小企業で課題とされている「人手不足」において、採用ができないことはもちろんのこと、それだけにとどまらずに、あわせて働き方改革の流れもあり、既存の優秀な人材が他社へ流出してしまうというリスクも出てきておりますドクロ

 

 

 

だからといって、「ウチはどうせ小さな会社だから無理・・・」と傍観して嘆いていても何も変わりません(きっぱり)。

 

 

 

今こそ中小企業において、この流れを逆にチャンスと捉えて、「働き方改革」に取り組むことで採用活動に活かすという発想の転換が必要なのですメラメラメラメラメラメラ


 

 

そこで、私が担当させていただいた第1部では、『「働き方改革」と中小企業の採用最前線』というテーマで下記の内容でお話をさせていただきました(^^)

 

~~~~~~~~

 

『「働き方改革」と中小企業の採用最前線』
PART1.「働き方改革」で求められる労務的側面とは
・働き方改革が求められる理由
・働き方改革の概要について


PART2.採用活動での活用ポイントとリスク管理
・人手不足時代の採用の変化 
・中小企業の人材採用の取り組み①②
・人材採用に成功している会社の特徴
・働き方改革を活かした人材採用ポイント
・中小企業の人材採用の特徴~中小企業の採用がうまくいかない理由~
・採用基準を明確にする
・求人募集のルール 
・面接のチェックポイント


PART3.人事評価と人材育成
・いまどき社員の考え方を理解する
・早期離職を防止するには  ・魅力ある会社の労務管理3つのステップ 
・人事評価制度の基礎知識 ・人材育成の基礎知識
・管理職に求められる役割とは
・マネジメント手法について~指示命令型からコーチ型へ~


PART4.経営者に必要な意識改革とは
・働き方改革のハードルとは
・これまでの常識・思い込みについて
・誰の意識を変える必要があるのか
・経営者の意識変革に必要なこと

~~~~~~
 

 

 

 

当日は、30名程度の方がご参加くださっていて、中小企業における採用や人手確保に対する関心度の高さを改めて実感することができました。

 

 

 

また、第2部の深澤先生の講演を私も受講させていただきましたが、深澤先生の「ブランディング戦略」のお話しが、大変興味深く、採用活動だけにとどまらず、会社としてのブランディング戦略や営業・マーケティングという点でも、大変勉強になりました!!

 

 

 

労働条件や福利厚生、知名度などで比較した場合は、中小企業は圧倒的に不利ですが、やり方次第では、自社の事業や仕事に関心度が高い人材をピンポイントで惹きつけることも可能である、ということを、本セミナーを通して改めて実感することができました。

 

 

 

私自身も、日頃人材採用や人材確保についてのご相談をお受けする機会が多くありますが、正直、まだまだできることを実践していないだけ…という企業様も多くいらっしゃいると感じますパンチ!

 

 

 

やれることをすべてやってみて、それでもダメなら他の方法を考える必要がありますが、もし、まだ、できることをすべて実践できていない場合は、今回のセミナー等で情報収集した内容をもとに、1つずつ実践に移していただく、ということが一番の近道ではないでしょうか・・・?

 

 

 

中小企業の人手確保の課題は、まだまだ継続して対応していく必要がある課題ですメラメラ人材採用や人材確保に悩んでいらっしゃる企業様にとって、今回のセミナーの内容が参考になりましたら、私もとてもうれしく思います音譜

 

 

 

 



 


 

吉川直子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります