【講演】青森県様主催「女性が活躍する建設企業になるための労務管理」セミナーで講師を務めました! | 吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

株式会社シエーナ代表取締役/社会保険労務士&ビジネスコーチ 吉川直子の公式ブログです。


テーマ:

 

 

少し前のお話ですが…11月に青森県まで出張させていただき、青森県様主催で「女性が活躍できる建設企業になるための労務管理」セミナーの講師を務めさせていただきました!!
 

 

※本セミナーはすでに終了しています。

 


最近の人手不足&人手確保という課題は、建設業界においては他産業よりも緊急な課題になっていますメラメラメラメラなぜなら、建設業に従事する方の1/3はすでに55歳以上ということで、他産業よりも高齢化が進んでおり、かつ若手人材の割合も少ないという状況だからです。

 

 

 

実際にある建設企業の社長様に人手不足についての現状のお話を伺った際には、現在とここ数年は何とかなるそうですが、確実に高齢の方々が引退される10年後には、人手の確保がかなり厳しくなることは、まず間違いないという状況なのですドクロ

 

 

 

 

そのような中で、建設業においても、独自に若手の人材確保と女性活躍を推進しており、特に女性活躍には

 

「建設業女性の活躍応援ケースブック」

 

 

 

を作成したり、

 

「建設産業で働く女性がカッコイイ!」

 

 

 

というホームページも作成し、建設業界としても力を入れています!!!!

 

 

 

また、今回の主催者様である青森県では、独自に「女性建設技術者ネットワーク会議」を主催し、会員の方同士で交流・連携し、建設業で女性が活躍する姿の発信のほか、働く環境の改善に向けた意見を発信するなどの活動を行っているとのことでした。

 

 

 

 

こうした背景があったうえで、今回の講演会の講師のお声がけをいただいき、私の担当パートでは、中小建設企業の女性がもっと活躍する職場とするために必要な労務管理について、経営者、上司、部下、同僚、女性従業員、配偶者などの意識チェンジのポイントなどの【ソフト面】と、柔軟な勤務制度や公平な評価制度の導入などの【ハード面】の両面から学べる内容で構成させていただきました。

 

 

 

 

なお、今回の講演会は2部構成で構成されており、2部にはすでに女性活躍を実践されていて多数の実績をお持ちの会社さま(株式会社柏崎組さま)の実際に女性活躍に取り組んでいるリアルな事例発表の場があり、私も僭越ながら、事例発表のあとに講評を担当させていただきました(〃∇〃)

 

 

 

 

その講評から一部抜粋してお伝えさせていただきますと、現場監督の負担を軽減するために何をすべきか?を徹底的に考え実践に移されており、環境整備はもちろん個別の面談やコミュニケーションが取りやすい配慮やしくみなど、風通しのよい職場つくりを意識されている点がすばらしいと感じました。

 

 

 

 

特に最近の若手社員の価値観においては、「風通しが良い」「コミュニケーションが取りやすい」「雰囲気が暗くない」などを重視する傾向もありますので、こうした取り組みが今後ますます他社との差別化になっていくのではないかと思います。

 

 

 

 

また、コミュニケーションは一方通行ではなく、双方向を意識していらっしゃるところもすばらしい点です。会社が一方的に押し付けたことは、どうしても他人事になってしまいますが、自ら考え提案して取り入れられたことなどは、やはり自分事と捉え、やる気も上がり、実践がより促進されます。

 

 

 

 

このようなリアルな事例をお聞きする機会をいただき、私自身も大変勉強になる貴重な機会となりました!!

 

 

 

 

「女性活躍」というキーワードは、フレーズはよくききますが、実践においては中小企業においてはまだまだ進んでいないのが現状です。ですが、中長期的な人手確保のためには、間違いなく避けられないテーマの1つですメラメラメラメラメラメラ

 

 

 

 

こうした取り組みは、人手の確保ができなくなってから慌てて取り組んでも、すぐに成果がでるわけではありませんので、今できることから1つ1つ取り組んで行くことが大事だと感じます。

 

 

 

今回のセミナーの内容が、ご参加された建設企業様の女性活躍の実践の参考になりましたら、私もうれしく思います^ー^

 

 

 

※なお、本講演会の様子が、「日刊青森建設工業新聞」様に掲載されたようです!!

吉川直子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります