吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

株式会社シエーナ代表取締役/社会保険労務士&ビジネスコーチ 吉川直子の公式ブログです。


テーマ:

 

 

先日、企業研修として管理職向け&一般向けで「アサーティブコミュニケーション研修」を実施させていただきました!!!!

 

 

 

実はこちらの会社様では、少し前にハラスメント対策研修を実施させていただきました。

 

 

 

アサーティブコミュニケーションについては、ハラスメントにならない伝え方という切り口でハラスメント研修でも少し触れさせていただいているのですが、今回はもっと詳しくアサーティブコミュニケーションについて学びたい!というご要望のもとに開催となりました(^∇^)

 

 

 

上司の立場からすると、実は感情的にふるまうことで相手を変えたいという思いが隠されているケースも多いものです。例えば部下がミスをしたときに、カッとして怒鳴ってしまったときなど、怒鳴ることで「部下を変えたい」「部下に言うことをきかせたい」というケースなとがあてはまります。



また、部下の立場からすると、例えば理不尽な要求にNOといったり、上司に代替案を出したりということも仕事の上では避けられないことも多々あることでしょう。

 

 

 

ビジネスにおいては、察してもらいたくても、察してもらえないことも多いものです(・・;)

 

 

 

そこで、言いにくいことを、相手にカドをたてずに伝えていくスキルが求められています。

 

 

 

相手にカドをたてない伝え方、ということは一言で言うと、相手への配慮をしたコミュニケーションをとることです。

 

 

 

すなわち、相手が受け取りやすい伝え方を、配慮していく必要があります(^_^)




そこで、感情はいったん脇においておき(感情の自己観察)、感情とは別に自分が本来相手に望んでいる要求を明確にし、その上で、自分の要求を相手を尊重しながら伝えていく、ということが必要です。

 



日本の文化では、どちらかというと協調性が優先され、自己主張することはあまりよくないこと・・・という認識もまだまだ強いのですが、じつは自己主張することが問題なのではなく、自己主張の方法・・・すなわちコミュニケーションの取り方に問題があるケースがほとんどです。



そこで、私たちは、相手を尊重しながら自己主張する「アサーティブコミュニケーション」を実践できるスキルを身につけよう、というご提案をしています。



実は今回の研修では、個人ワークとして、実際に最近あったちょっとイラッとして、つい感情的に振る舞ってしまった出来事を、参加者の皆さんに、個々人の題材として取りあげていただきました。

 

 

 

そして、その出来事の際に、自分の心に起きていた心の動き、感情の動きを、改めて棚卸し していただき、もし、感情的にふるまうのではなく、アサーティブに振る舞うとしたらどんな方法があったか、をペアワークでシェアしていただきました。

 

 

 

・・・といっても、なかなかイメージがわかないと、ワークシートに記載ができないかな~~ということで事例をご紹介のもと、解説をし、皆さんに実践していただくことに・・・

 

 

 

すると事例をみた受講されている皆さんからは

 

 

 

受講生A氏「なんか、すごいリアルな事例ですね!!

受講生B氏「ずいぶん短気で感情的なケースですね~(^_^;)」

 

 

 

という声が聞こえてきたので、とっても恥ずかしかったのですが・・・

 

 

 

私「・・・すいません、言いづらいですが、これ、私自身の事例なんです(><;)」

 

 

(一度大爆笑!)

 

 

 

そうなんです。えらそうに?アサーティブコミュニケーションを身につけよう!とか、感情をマネジメントして感情的にふるまうのではなく、相手に率直に要求しよう!という講師までしていても、時には全然アサーティブになれないこともまだまだ日常起きています(゚_゚i)

 

 

 

ですが、100%完璧に感情をマネジメントできなくても、自覚を持って意識することで、反応して感情敵に振る舞ってしまう回数を減らすことができる!ということを、まさに自分の身を削って(?)受講者のみなさまにお伝えさえていただきました(笑

 

 

 

私自身よくお伝えさせていただくのですが、個人的にはこの「アサーティブコミュニケーション」を身につけたことで、コミュニケーションや相手との関係性がすごく変わりました。



私自身は元々は自己主張が下手で苦手だったのですが、アサーティブに自己主張することで、私自身の気持ちもラクになりましたが、一方で以前よりも相手から尊重されるようになりました。
 
 
 
ぜひ、日常的な職場でも、指導の場が承認の場にかわるようアサーティブコミュニケーションを意識して実践していただきたいと思いますひらめき電球
 
 

 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

吉川直子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります