吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

株式会社シエーナ代表取締役/社会保険労務士&ビジネスコーチ 吉川直子の公式ブログです。

無料レポート
中小企業の人事・労務・人材活用 図解マニュアル
株式会社シエーナ公式ページ
社会保険労務士事務所シエーナ
メールマガジン(無料)

テーマ:

 

 

7月下旬のことですが、一昨年、昨年に引き続き中小企業大学校三条校様の企画主催で実施されました全3日間合計21時間の会社を強くする人事・労務管理講座を担当させていただきました!!

 

 

 

実はこの講座、昨年までは前半2日間、後半2日間の全4日間28時間の講座だったのですが、今年から全3日間21時間の講座となりました。

 

 

 

決まった当初は「1日少なくなるから、テキストの作成や準備も楽になるかな?(^_^;)」などと思ったときもありましたが、必ずしもそういかないのが講座の難しいところですあせる

 

 

 

時間が短くなったことで、話したいこと、伝えたいことを限られた時間でポイントを絞って伝えなければなりませんので、かえって難しさを感じるところもありました(><;)

 

 

 

そんな経緯もあり、また、今回3回目となるので、どれくらいの人事・労務担当者の方がご参加いただけるのか・・・と心配していましたが、今回は約20名弱の意欲の高い人事労務担当者の方々にご参加いただくことができました(^_^)

 

 

 

ちなみに、完全オリジナルのテキストは、パワーポイントで約290ページ作成メラメラメラメラメラメラ

そして、サブ・テキストには、拙著である「中小会社の人事・労務・人材活用図解マニュアル」を使用させていただきました。

 

 

 

中小会社の人事・労務・人材活用 図解マニュアル―教えて先生! 中小会社の人事・労務・人材活用 図解マニュアル―教えて先生!

 

Amazon

 

 

 

昨年に引き続き、受講者の方には「事前アンケート」を実施させていただき、具体的にどのような課題を抱えているのか、本講座に参加した目的はどこにあるのか等、受講者の方の個別の課題も意識して講座を進めさせていただきました晴れ

 


 

特に昨年のアンケートで「テーマごとに質問をする時間があったらよかった」というお声をいただいておりましたので、講座の途中途中で適宜質問の時間を設けさせていただきました。

 

 

 

なお、昨年に引き続き、講座の半分は、主にグループワーク中心で実施しました。

 

 

 

グループワークは、よくあるトラブル事例を元に、各グループで「対応ポイント」と「予防ポイント」について話し合っていただきましたが、ご参加の皆さんの人事労務担当者の視点で現場に即した、社員の方にも配慮した実践的な視点が集結しており、各グループの発表を全体で共有させていただくことができて、すばらしい場となりましたひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 

 

 

また、最終日には、自社の就業規則と人事・労務の現状を自己診断していただき、自社のリアルな人事・労務の課題について、1人15分程度の時間を確保して同じグループの他のメンバーの方から、課題解決のアドバイスや質問、ヒントをもらう場とさせていただきました!!

 

 

 

本講座の目的の1つには、この場を通して他業種の人事・労務担当者同士で悩みや課題を共有していただくこと、そして、学んだことを明日からの自社での実践に活かすヒントを持ち帰ること、だと感じます。

 

 

 

毎回本講座を実施させていただいて実感しますが、人事労務担当者の方々の会社や社員の方への思い、課題への向き合い方など、社労士と異なった視点で勉強になる点も多々あり、今回もまた、新たな気づきや刺激を受けることができました。このような場に参加させていただいたけて大変感謝しています。

 

 

 

受講者の方々には、お忙しい中、丸3日間も講座参加のためのお時間を確保していただき、大変感謝しています。また、引き続き本講座を担当させていただいた中小企業大学校三条校の皆さまにも、いろいろとご配慮をいただきありがとうおざいました。

 

 

 

本講座の内容が、受講された皆様にとって自社の日々の人事・労務の実務に活かしていただくことができたら、私もとてもうれしく思います(〃∇〃)

 


写真は中小企業大学校三条校様。燕三条駅から車で20分ほどした山の上にございます^-^

 

 

 


テーマ:

 

 

 

毎日暑い日が続きますねあせる

 


 
さて、このたび弊社では【正社員】人事コンサルティング、人材育成、社労士業務の正社員スタッフ(人材コンサルタント候補)を募集することになりました。



ありがたいことに、今、各種企業研修、人事労務相談、人事評価制度、賃金制度、社員教育制度の構築に関するコンサルティングのご相談が増えてきており、忙しくさせていただいています(^_^)

 

なお、弊社の主な業務はコーチング、人事労務コンサルティング、講演、研修、人事労務相談(労務顧問)がメインです。



したがって労務顧問をさせていただいている会社さまも、もちろんありますが、どちらかというと手続きを代行して欲しいというニーズのお客様ではなく、相談やコンサルティングをメインとした相談顧問が多いため、給与計算業務は1社も受託しておりません。また、社会保険労働保険の手続き代行業務も、全体の業務量からすると少量です(〃∇〃)



また、上記の業務の特徴からも、弊社のお客さまは、人材への関心度が高い企業さま(上場企業、上場を目指す企業、成長をめざす中小企業)がメインです。



お客様の成長にあわせて、人材育成&人事労務のサポートを行っていく必要がありますので、私たちも日々の成長が求められています。
 


したがって従来の社労士の思考に囚われずに、柔軟な思考や発想が求められていて、変化に対応できる力が必要とされますが、人材に関しての仕事には幅広く対応していますので、自分自身も成長ができる環境だと思いますp(^-^)q



社労士の経験や資格の有無は問いませんが、【社会人経験5年以上】【人事労務や社労士業務の経験2年以上】の方で、人事労務、人材育成のプロとして今後成長していきたいという意欲のある方に応募していただけたら、ありがたいです。





社労士の仕事や人事コンサルティング、人材育成に関する仕事に興味がある方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に働きませんか?




ご縁がある方のご応募をお待ちしていますo(^-^)o




※以下、応募内容詳細になります★
※正社員の他に合わせて契約社員、パートタイマーも募集していますので、ご関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ(^_^)

 

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

 

株式会社シエーナ/社会保険労務士事務所シエーナでは、社会保険労務士・人事労務コンサルタントとしての20年の経験と実績と、ビジネスコーチ・人材コンサルタントの10年の経験と実績を活かして、企業の現状と今後の成長過程にふさわしい、【人事労務】と【人材育成】の両面から企業をサポートしています。具体的には、

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

・各種企業研修
(ハラスメント研修、生産性向上のためのコミュニケーション研修、コーチングスキル習得研修、アサーティブコミュニケーション研修、働き方改革研修、労働時間削減に関する研修、人事労務・人事評価・人材育成研修、建設業における研修、メンタルヘルス研修など)

 

・人事評価制度、賃金制度構築コンサルティング
(人事評価制度、目標管理制度の構築、運用指導、評価者研修など)

 

・社員研修制度構築コンサルティング
(人材育成計画の策定支援、キャリアマップの作成、スキルマップの作成、階層別研修の企画、実施、教育関係助成金の申請代行)

 

・管理職、管理職候補むけリーダーシップ向上1to1コーチングの実施
(企業の管理職の方に1to1で毎月1回(60分程度)リーダーシップ向上を目的としたコーチングを提供)

 

・就業規則等の新規作成、変更のコンサルティング業務
(新設法人の就業規則の新規作成業務、変形労働時間制等の労働時間制度コンサルティング業務、多様な人材の活用や多様な雇用形態別の就業規則の作成、既存の就業規則の見直し等)

 

・労務顧問業務
(雇用の多様化や、人手不足時代の到来による人材確保・早期離職の防止、働き方改革の実現、長時間労働の是正、働きがいのある職場作り、中長期的な人材育成制度の構築などの顧問先からのご相談や人事労務に関するご相談対応。※労務相談やアドバイザリー契約が中心の労務顧問業務がメインです。このため、社会保険労働保険の手続き代行業務はありますが、給与計算業務は1社も受託していません)
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

といった業務を対応しています。

 

 

現在、中小企業において人手不足、人材確保、生産性向上等の課題解決のため、人材に関する関心度が以前にも増してきており、人事評価制度のコンサルティング、賃金制度のコンサルティング、人材育成業務、社員研修の実施等のご相談やご依頼が急増してきています。

このようなコンサルティング業務や社会保険労務士業務に対応していただける正社員スタッフの方を募集しています。

 

社労士業務や人事総務の経験がある方で、コンサルティング業務は未経験でも大丈夫です。また、社労士の資格やコーチングの資格をお持ちでない方でも問題ありません(社労士受験生の方のご応募歓迎いたします!)

・社会保険労働保険に関する書類作成業務
・人事労務相談
・助成金の提案業務(※ただし単発の助成金申請は対応しておらず、人事コンサルティング業務に付随しての提案のみ)

など社労士の業務の経験はもちろんですが、社労士業務だけではなく人事コンサルティングや人材育成コンサルティングなど、人材のスペシャリストとして幅広い経験を積むことができる職場です。

 

 

 

代表の吉川直子も、2005年に独立開業後1年経過した2006年に長男を出産し、その後も育児と仕事を両立し、ワーキングマザーとして悪戦苦闘して現在に至ります。

 

 

自身の経験からも、仕事と家庭とのバランスに配慮した働き方に柔軟に対応していますので、勤務時間や勤務日数など、ご相談の上決めさせていただければと思います。

 

■人事コンサルティング、人材育成業務(企業研修、企業向けコーチングの実施など)をメイン業務としているコンサルティング&コーチングの会社です。
■お客様のニーズにあわせて個別対応や提案、サービスの提供を行っているため、ルーティン業務はほとんどありません。
■そのため業務の多くは「思考系」の仕事です。お客様(企業)の社員の方の成長をお客様と一緒に考えサポートする役割を担っています。
■お客様(企業)の特徴として、人材に関心度が高い上場企業や成長意欲のある企業が多く、高いレベルを求められる仕事です。
■人事労務に関する執筆業務も行っています。
■社会保険労務士事務所が併設されており、社会保険労務士業務の経験はもちろん、人材のスペシャリストとして幅広い業務経験を積むことが可能です。
■キャリアマップがあり、中長期的に目指すキャリアがわかります。
■原則残業はありません。
■Googleカレンダーで業務日報を共有化し、1人1人がやっている業務が見える化されています。
■原則月1冊課題図書を決定し、勤務時間内で読書を行います。
■個人面談は年3~4回実施しています。
■今後は人事評価制度も導入予定です。
■事務所はJR・地下鉄池袋駅徒歩5分。近隣には西武百貨店があります。また、池袋は美味しいランチが安価で食べられるお店がたくさんあります!

 

【代表の吉川直子からのメッセージ】

独立前は、一般的な社会保険労務士事務所で、「社会保険労働保険の手続き業務」と「労務相談」を主に対応し、全く経験が「ゼロ」のところから「人材育成やコーチングの業務をやりたい」という目的で2005年に社会保険労務士として独立し、今年で開業13年(法人は7年)となります。

 

 

 

正直、開業当初は中小企業では人材育成に関する優先度も低く、また、人材育成に関心がある企業は上場企業などの大企業であり、せっかく関心を持ってもらっても弊社の提案力や企画力が低く、お客様のニーズに合わせたサービスをご提案できないという時期もありました。

結果として、大きな組織や上場企業のニーズに自分たちを合わせていかなければならなかったのですが、それなりの実績や高度なスキルが必要とされているのに、現状全然足りないということに向き合わなければならず、目指していることと、現状とのギャップがあまりにありすぎて、愕然としました。

 

 

 

ですが、そのギャップを埋めるためにチャレンジをし続けて、手探りをしながら1つ1つ、実績を積んでいくことで、少しずつ手応えを感じることができるようになり、ようやく今、高いハードルとのギャップが埋まってきており、人事評価制度や賃金制度のコンサルティング、人材育成に関するコンサルティング、社員研修、管理職むけ1to1コーチングなど幅広くご依頼をいただいています。

また、人手不足や働き方改革なども追い風となり、今、中小企業においても、人材に関する関心度がかってないほど、上がってきています。

弊社の環境も整い、また、お客様のニーズや関心度も上がってきているこのタイミングで、正社員の方を採用し、組織化してお客様のお役に立てるチームにしたいと考えています。

 

 

 

社労士の仕事や人事コンサルティング、人材育成に関する仕事に興味がある方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に働きませんか?

ご縁がある方のご応募をお待ちしています。

 

【社会保険労務士、人材コンサルタント(候補)顧客担当スタッフ(雇用契約)】

【業務内容】

■メール、電話、対面での顧客担当窓口業務(労働保険・社会保険の入退社等の手続き業務の窓口や人事コンサルティングの担当者としてお客様との対応)

■人事評価制度、賃金制度の構築コンサルティングの業務
■社員研修の企画、資料作成補助
■役所対応
■人事労務等に関する執筆の業務
■WEBの修正
■パソコンでのデータ入力、資料作成等(Word、エクセル必須(パワーポイントはできたらなお可))
■その他人事コンサルティング業務、人材育成に関する業務、社労士業務など、社会保険労務士や人材コンサルタントとしての業務全般

※社会保険労務士の業務は社会保険労務士事務所シエーナで受託していますが、対応していただく業務に含まれます。

 

 

【応募資格】

■社会人経験5年以上の方 。
■人事労務、社会保険労務士業務の経験2年以上の方。
■社会保険労務士、コーチングの資格の有無は問いません(社会保険労務士受験生の方歓迎)。
■コンサルティングやコーチングの未経験者であっても問題ありません(コンサルティングやコーチング、人材育成の仕事に関心があって、やってみたい!という方であれば未経験でも大丈夫です)。
■思考系の仕事に取り組める方(お客様の代わりに考える仕事が多くあります!)
■個別対応に抵抗がない方(お客様のニーズに合わせて提案やサービスを行うことが多くあります!)
■PC入力が可能な方(ワード、エクセル、PowerPoint)。
■人に貢献することが好きな方。
■弊社(シエーナ)のミッションに共感してくださる方。
■何事も楽しめる方。
■何事も自責で考えることが出来る方。他責にしない方。
■主体的に仕事に取り組める方。

 

 

【契約形態】雇用契約

■勤務時間:9時~18時(月~金)
■休憩:12時~13時
■月給25万円~(試用期間中は月給24万円~)
※経験等を考慮して決定します。
■通勤費 実費支給
■賞与 決算賞与(業績に応じて支給の有無あり)
■退職金 なし
■契約期間なし
■昇給 毎年10月(ただし、給与額の変更がない場合もあり)
■社会保険、労働保険あり
■土日祝日
■慶弔休暇
■夏季休暇
■年末年始休暇
■年次有給休暇(取得率100%)

※合わせて契約社員、パートタイマーも募集中ですので、ご関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらからお願いいたします>>>>>>

 

 


テーマ:

 

 

3月のはじめのことですが、定期的に実施していますパートナーコーチの方とのランチ会(定期報告会)を実施しました!!



弊社では、現在法人むけにコーチングサービスを提供させていただいており、組織の管理職や管理職候補の方々に、定期的に1to1コーチングを実施しています。

 

 

 

管理職は、リーダーシップ力やマネジメント力など、プレイヤーの際とは異なるスキルを求められます。



当然管理職になる方は、こうした新しいスキルを自ら意識して習得していかなければなりません。ですが、これまで慣れておらず知らないことを実践していくということは、思った以上に難しいものですあせる



会社は、新任管理職の方に各種研修を受講させたりしていますが、弊社では研修で身につけた知識を実際の職場での行動に落とすためのサポートを1to1コーチングを通して行っておりますメラメラメラメラ



私も実際に1to1コーチングを担当していますが、新任管理職の方が、悪戦苦闘しつつも少しずつ実践することで、リーダーシップやマネジメント力を体感し身につけていくというプロセスを拝見し、やはり何よりも「実践」することが今抱えている課題やハードルを超えることにつながるのだと、実感しています。

 

 

 

なお、弊社では、1to1コーチングの期間を1年単位で区切っています。

 

 

 

したがって、最低でも「1年」という期間を通してコーチングを受けられる方の成長をダイレクトにそばで見させていただくことになります。

 

 

 

ちなみに、コーチングを受ける方が誰でも順調にリーダーシップ力やマネジメント力を身につけていけるかというと、必ずしもそうではありません。

 

 

 

当然、ご自身で意識しながら実践していく中で、予定外のことが起きたり、突然大きな仕事が入ってきたり、時には人事異動があってチームメンバーが変わったり・・・等々日々予測しないことが起きるものですメラメラメラメラ

 

 

 

すると、当初は意識しながら実践していたことも、予定外のことに振り回されて意識ができなくなり、せっかく身についてきていた思考やスキルも元に戻ってしまう・・・ということも実際にはよくありますあせるあせる

 

 

 

それでも、1ヶ月に1回、定期的にコーチングを受ける時間があることで、イヤでも1ヶ月を振り返り、出来たことにも出来なかったことにも向き合うことで、再度自覚し、意識し、実践する、というサイクルを繰り返していくことが可能になります!!!!

 

 


そして、繰り返しを実践することで



1)意識はするけど、実践できない⇒2)意識して実践できるが、意識しないと実践出来ない⇒3)無意識に実践できる

 

 

と変化していきます。

 

 

 

コーチングのことを「知識と行動を埋めるコミュニケーションスキル」と説明することがありますが、まさに、コーチングは実践のためのツールといっても過言ではありません!!

 

 

 

なお、弊社では複数のコーチでチームを組んで、1企業の管理職の方のコーチングに対応をしております。

 

 

 

今回のランチ会は、コーチングを受けている管理職の方の進捗や状況を確認し、パートナーコーチの方とすりあわせをさせていただく場となりました。



 現在、 人手不足、人手確保、労働時間削減、生産性向上という課題への関心度が上がっていますが、課題解決のためには、人材育成は必要不可欠です。



そして、人材育成を行うためにも、管理職のリーダーシップ&マネジメント力の向上は必要不可欠ですメラメラ
 

 
弊社では、引き続き管理職の育成やリーダーシップ&マネジメント力向上を目的としたコーポレートコーチング(企業向けコーチング)に力をいれていきたいと思います(^∇^)

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

少し前の話ですが、3月初旬に新潟で「建設業における今後必要となる時間外労働対策について~建設業における働き方改革への取り組み方~」の講師を務めさせていただきました♪

 

 

 

今、国会で審議されている働き方改革法案においては、長時間の是正ということで残業時間の上限期生を年720時間までに設定をし、違反企業には罰則を適用する、というルールへの変更が予定されています。

 

 

 

これに合わせて、現在残業時間の上限時間について適用除外の業種に指定されている「建設業」や「運輸業」も、法改正後5年程度を経て他の業種と同様に残業時間の上限規制の対象になる予定となっていますメラメラ

 

 

 

これにより、これまでは建設業において青天井であった残業時間が、年720時間と限定されてしまうあせるというかなり大きな影響がありますメラメラ

 

 

 

今回のセミナーは、法改正された場合、5年の猶予はありますが、新潟では積雪に伴う雪かきの業務などがあり、時間外労働の上限時間が適用対象になることで直接仕事に影響が出てしまうため、早めに地元の企業様に危機感をもっていただくために開催することになった、というお話でした。

 

 

 

実際に、建設業においては、まだまだ労働時間管理が出来ていなかったり、36協定や変形労働時間制の導入や手続きについて、手続きが漏れていたりと、実務的に対応が遅れているケースも多いようです(^_^;)

 

 

 

今後は、この法改正により、より、具体的に労働時間管理を行っていくことは必要不可欠となってきます。

 

 

 

そこで、本セミナーでは、下記のような構成と内容で90分お話をさせていただきました(^_^)

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

PART1.働き方改革による時間外労働規制の見直しについて
  ・働き方改革とは
  ・建設業における働き方の現状と課題
  ・建設業における働き方改革への取組み
  ・国における働き方改革への取組み
  ・時間外労働規制の対象になることで必要なこと


PART2.中小建設業において対応すべきこと
  ・労務管理のNG現状チェック
  ・労働時間と休日の原則
  ・労働時間短縮への取組み
  ・柔軟な勤務を可能にする制度


PART3.働き方改革取組み事例
 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

「建設業の社会保険の未加入問題」のときも、5年あると悠長に構えていたら、あっという間に5年経過しましたので、建設業における時間外労働対策の問題も、早め早めに取り組んでいくことが必要です。

 

 

 

今回のセミナーが、その最初の一歩のための参考になりましたら、私もうれしく思います(^_^)

 

 

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

 

実は、今回のセミナーは、以前「建設業の社会保険未加入問題」で3年連続毎年講師によんでいただいた経緯がある、建設業団体様からのご依頼でした(〃∇〃)

 

 

・2016年3月7日記事:3年連続、新潟で講演会の講師を務めさせていただきました!

・2015年3月6日記事:期限までまったなし!建設業における社会保険未加入問題について
・2014年3月10日記事:【平成26年版】建設業の社会保険未加入対策について(その6)

 

 

 

引き続き異なるテーマにおいても、このようにお声がけをいただけるということは、本当にありがたいことです(〃∇〃)

 

 

 

これからも、中小企業にあった旬のテーマ、業界にあった課題解決のヒントになるような講演会やセミナーの企画をしていきたいと思います!

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

先日、東京建設業協会様の主催で「女性が活躍できる建設企業になるために」セミナーの講師を務めさせていただきました!!
 
   


最近の人手不足&人手確保という課題には、必ずこの女性活躍という課題もセットで考えなければなりません!!!!

 

 

 

2018年2月23日の日経新聞の記事にもなっていましたが、働く意欲のある女性が増え、人手不足下の景気回復も影響し、女性が出産や育児によって職を離れ、30代を中心に働く人が減る「M字カーブ現象」が解消しつつあるということですが、中長期的な人材確保を考えると、今後確実に労働力人口が減っていく中で女性活躍は避けられない課題の1つであることは間違いありませんメラメラメラメラメラメラ

 

 

 

ですが、キーワードとしては「女性活躍」というフレーズも聞くようになってきていますが、実務的にはまだまだスタートラインにたったばかりというところです。

 

 

 

特に中小企業では、課題の1つとして認識をしていても、自社で取り組んで行くにはまだまだハードルも高く、様子見をしている会社も多いのが現状です。

 

 

 


そこで、本講演会では、中小建設企業の女性がもっと活躍する職場とするために必要な労務管理について、経営者、上司、部下、同僚、女性従業員、配偶者などの意識チェンジのポイントなどの【ソフト面】と、柔軟な勤務制度や公平な評価制度の導入などの【ハード面】の両面から学べる内容で構成させていただきました。

 

 


実は、もっともハードルが高い課題は、これまでの意識を変えるというところかもしれません。

 
 
 

頭では理解していても、まだまだ「性別役割分担による意識(いわゆる女性は家庭、男性は外で仕事という考え方)」「長時間残業が前提の働き方」などの過去の常識や思いこみに囚われていると、柔軟な対応ができず新しい行動を起こすことができません(>_<)
 
 
 
また、経営者はもちろんですが、上司、同僚、部下、取引先などの職場の関係者から、従業員の配偶者(パートナー)、そして、何より女性従業員本人の意識チェンジも必要です。


 
 


 

 

 

 

 

 

実は、女性従業員自身の意識チェンジのパートでは、恥ずかしながら私の体験談もお話しをさせていただきましたあせるあせるあせる

 

 

 

私は独立して2年目で長男を出産し、現在11歳になる息子がいます。

 

 

 

当時は恐らく無自覚だったと思うのですが、どこか子育てを免罪符にしていたところが少なからずあったように思います。

 

 

 

もちろん、独立しているので仕事に関しては自分ですべての責任を負わなければなりませんので、中途半端にはできません。その責任感と初めての子育てとの両立から、いろいろと自分では気づいていない甘えもあったことでしょう。

 

 

 

すると、当初は配偶者(夫)からすると、仕事に対する覚悟が弱いと感じるところもあったようで、結果として理解や協力が得られにくいということもありました。

 

 

 

ところが、その後配偶者(夫)は、私も驚くほどすごい勢いでイクメン化し、そして今では家事比率ほぼ50%!!!!というくらい夫も意識チェンジをして、二人三脚で仕事も家庭も回してきているのですが、そこも、私の仕事に対する覚悟とスタンスの変化と連動しているところがあるようです(夫談)

 

 

 

 

もちろんいまは人手不足ということで、いろいろな価値観が受け入れられるようになってきているので、当時とは異なってきているかもしれませんが、意識チェンジは相手に求めるだけではなく、自分自身の意識チェンジがまず大事なのだということも自分の経験を通して思うところがあり、恥ずかしながらそんなお話もさせていただきました(〃∇〃)

 

 

 

 

なお、今回の講演会は2部構成で構成されており、1部は私が担当させて頂いた講演会でしたが、2部にはすでに女性活躍を実践されていて多数の実績をお持ちの株式会社松下産業の代表取締役松下和正様の実際に女性活躍に取り組んでいる生のお話があり、私自身も大変興味深くお話を聞かせていただきました。

 

 

 

 

女性活躍に取り組む前と取り組んだ後の社員の方へのアンケート結果や、実際に建設現場でご活躍されている女性従業員の方のお話など、リアルで生の声を聞くことができる場として、受講者さまが女性活躍に取り組むということがどういうことなのかを疑似体験できる場であったと感じました。

 

 

 

個人的も大変勉強になり、このような場に参加させていただく機会をいただいた、本当にありがたかったです。

 

 

 

正直いって、中小建設業からすると、この「女性活躍」はまさにこれからのテーマだと思いますが、中長期的な人手確保のためには、間違いなく避けられないテーマの1つです。

 

 

 

こうした取り組みは、やってすぐ成果がでるというわけではありませんので、今できることからコツコツと取り組んで行くことが大事だと感じます。

 

 

 

本講演会が、自社の女性活躍の労務管理に取り組む第一歩のための参考となりましたら、私もうれしく思います!!