11月7日 ブログ365日  102日目


香川県で地域ポイントサービス 
MEGURINを運営している
大澤よしかです。


秋の夜空に

半分だけ光るお月様。
優しい明かりです。

優しい明かりに照らされ
何となくおセンチな気持ちで

コンビニに
ビールを買いに行ってきた。

一人で
月見で一杯🌓しながら
ブログ書いてます😁

私は迫ってくるような
大きな満月よりも

三日月や半月の方が
好きだ。

明暗のコントラストに
風情を感じる😁

今朝から
新聞やSNS等で報道されている

ソフトバンクGの
9月中間連結決算での
155億円の営業赤字。

そう
155億円ですっ

ここまでの赤字を出せる
企業なのだ。

孫さんにお会いしたことはないが

僅か数人で起業し
数十年で
ここまでの企業を作ってきた。

孫さんは
おそらく天才なのだと思う。

その上に

尋常ではない
努力もされたのだろう。

そんな孫さんですら

「私の投資判断がまずかった
 大いに反省している」

と失敗を認めた。

今回の
投資を判断するのに
どのくらいの
時間と労力を使ったのだろう。

スーパー人脈から
情報を集めて

その情報を
精査し

天才の孫さんが判断した、


判断が間違えた。

「策士策に溺れる」

と揶揄している記事もあるが

ここまでの企業を作ってきた
孫さんには

「弘法も筆の誤り」

という言葉がぴったりだ。

月にも満ち欠けがあるように
毎日満月ではない。

100%で
勝ち続けることは不可能だ。

避けれないのであれば

勝つときには大きく
負けるときには小さく
ありたい。

私の友人は

日々の
異業種の方との交流では

何かの判断をしなければいけないときの
情報がたくさんある。

と言ってた。

大きな判断をする時は
情報が明暗をわける。

大きく負けないという
リスク管理でもあるそう。

ランダムに訪れるそれは

勝負
正誤
苦楽
進退
生死

全て表裏一体である。

その判断は
自分だけではない
社員やその家族にも
迷惑をかける。

ソフトバンク社員数
約75000人✖️家族➕関係者

孫さんはそこを
背負っている。

それでも
赤字155億円でも
エネルギッシュな姿…

生き力…すごっ

と思う。

死ぬまでに
一度はお会いしてみたい✨

私は孫さんと違って
凡人だから

おそらく50%で
見誤る

でもね

もし、判断を見誤り
負けたとしても

そこに義があれば
きっとやり直せるくらいの負け方に
なると思う。
⬆️
これが当たってる確率も50%ね😁

今後の孫さんの
巻き返しが楽しみだ。

私も会社も

全くソフトバンクGには
関係ないが
個人的に孫さんは
応援している✨


あっ、

こんなこと書いたら
MEGURIN事務局って
もしかしてヤバい?って
思われるかもしれないけど

少人数で
コツコツやってるので
地味~に…
軽~く…
少~しだけ…

皆様のおかげさまで
ここ何年かは黒字です😁

ご安心下さい!


会社のコーポレートサイトが新しくなりました✨