日本人は、ハゼが好き…
いろんなものが好きなダイバーさんがいますよね。

ウミウシ好きも多いですよね。

外国人は、ウツボとミノカサゴが見られれば、かなりの確率で満足してくれるけど、

日本人のダイバーさんは、
もっと珍しい物好きな方が多いというのが、個人的な印象に思えます。


以前のブログでも写真を出した事があるのですが、
バリの北側にあるトランベンというエリアには、
日本人に人気の高いハゼが何種類も見られます。

そのいくつかを紹介します。


ヒレナガネジリンボウ
結構いろんなところに居ます。
深場に居るのでアドバンス以上のライセンスが必要です。
レア度は高いようですが、トランベンには、結構います。

 

 




アケボノハゼ
レア度が高く水深30m位までいかないとみられないです。
アドバンスでもエアの消費を抑えられる経験値が必要ですね。

 

 




ハタタテハゼ
オープンウォーターダイバーでもみられる深度によくいます。
赤いグラデーションがとてもきれいな魚です。

 

 




ニチリンダテハゼ
20m前後の岩場に砂が積もったようなところで良く見かけます。
レア度は、高い方です。

 

 




各有私もハゼ大好きダイバーでございます。