ゴールデンウィークに有給を重ねて
9泊10日と長くバリに来てくれたヒロ。


ダハブでは、ライセンスを取る時間のない弾丸旅行だったため
体験ダイブだけでその後、ダイビングをしたいという気持ちをずっと募らせていたそうだ。








その彼が、その鬱憤を
8日間毎日ダイビングの講習に充てる形で晴らしてくれた。

最初は、オープンとアドバンスの5日間。
その後もっとやりたいとのことで、
EFRとナイトロックスとディープSPまでやって、
更にトランベンに1泊してナイトダイブと早朝ダイブにも参加してくれた。


全部で15本潜ったんだけど、これだけまとめて潜ると
かなり落ち着きが出て上手くなるもんだね。
何よりも本人の気持ちが強かったんだろうなぁ。



そんなわけで、私のゴールデンウィークは、どっぷり彼の講習に費やされていたわけです。
協力していただいて、水中の記念撮影をメインに、
バリの海を紹介するのに使えそうな写真が、何枚か撮れましたので、
一部紹介しちゃいます。










ちなみに、バリ島でのダイビングでおすすめ度がタイダイビングは、
色々ありますが、この機会にみんなに見てもらいたい景色は、

ペニダ島 マンボウ&マンタ・ツアー
トランベン 早朝&ナイトダイビング
ムンジャガン ニシキテグリダイブ


この3つは、かなり人気がある上に、満足度に定評があるんだ。


今回は、トランベンの早朝ダイブの模様を紹介します。
ここで見られるメインターゲットは…






この日のカンムリブダイの群れは、一段と圧巻でした。
こんなものが見られてしまうトランベン。
もっと多くの日本人にも見せたいなぁ。