バリでダイビングする場所として最も人気がある所は、
ペニダ島とトランベンです。



今回は、トランベンを紹介します。



トランベン


ポイントの特徴

流れの影響を受けづらい場所で、
比較的に穏やかな海況なので、経験が少ないダイバーにもお勧めできるポイント。
基本は、ビーチダイビングで目の前の沈没船のポイントでダイビングするのが、
最も人気のあるツアーです。

また、ペニダ島のような強い流れが伴い場所でダイビングする前日に
体を慣らしてもらうためにもおすすめしている所になります。



沈没船が横たわる深度は、
6~27m
それよりも深場でのダイビングもできるので、
体験ダイビングから経験豊富なダイバーまで幅広いニーズに対応できるダイブサイトです。








見られる生き物は?

その沈没船をねぐらにしているカンムリブダイを始め、
ナポレオン、サメ、大物のハタ、オニカマス、カメなどの大物を見ることもあり、
ジンベイの目撃例もあるポイントです。








マクロも充実していて、
ウミウシ、ジョーフィッシュ、ネジリンボウ、クダゴンベ、ピグミーシーホース、
ハダカハオコゼ、カエルアンコウ、ハナヒゲウツボ
なんかも見ることが出来るし、
ちょっとクマノミの種類としては珍しい
スパインチークアネモネフィッシュ
を確実に見ることが出来ます。








また、トランベンで1泊して
ナイトダイブをするのも面白いし、
早朝ダイブでカンムリブダイの群れに遭遇するのも面白い。
ローカルのアウトリガーボートを利用して
レック以外のポイントで潜るとさらに珍しい生き物と出会う期待度がかなり上がる。

その他、車で移動していけるポイントもかなり充実しているので
複数日に渡ってトランベンでダイビングするのは、かなり面白いです。



移動時間

サヌールから車でおよそ2時間半北に移動するんだけど、
そこに行くまでの景色が、バリっぽい所なっか結構あって面白い。