旭川十勝道路 | 吉井とおる ブログ
2011年03月22日

旭川十勝道路

テーマ:政策
以前、旭川で仕事をしていた時は、実家がある十勝の本別町まで帰るのに、三国峠を越えていました。
途中、峠から上士幌町側に見える山々の雄大な景色を見るのが楽しみでした。
冬季は閉鎖されていたのが、1994年秋から通年通行できるようになりましたが、冬はやはり通りたくない道路です。
いつも、旭川と十勝の行き来のしづらさを感じていました。

高速道路(高規格道路)は、北海道にはもっと必要だと思います。
広い北海道の、それぞれの地方都市との間の時間的な距離が短縮されれば、大きな経済効果を生みます。

北海道縦貫自動車道の旭川北ICと旭川空港を結ぶ延長23キロの広域幹線道路が計画されています。
これをさらに延ばして北海道横断自動車道の占冠ICを結ぶ「旭川十勝道路」として整備すると、これまで時間的な距離が遠かった旭川と十勝が近くなり新たな人の動きが生まれます。

旭山動物園へのアクセスも良くなり、大雪山国立公園をめぐる観光道路として期待され、旭川を拠点とした観光の促進につながります。
旭川を拠点にした道北と、十勝、釧路、根室などとの文化やスポーツの交流の活発化も期待できます。
医療機関が集積した旭川への救急搬送がしやすくなり、さらに多くの命を救うことができるようになります。

将来像として、大雪山国立公園を一周するような道路に整備していけば、道北と道東を結ぶ人の動きが活発化し、観光や流通の拠点として旭川の役割が、さらに高まります。

吉井とおるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス