【ワンちゃんの気功体験談】心臓と腎臓・肝臓の弱ったトイプードル チロちゃん | カラダの不調(痛み・悩み)ペットの気功治療は「吉井気功院&どうぶつ気功院」

カラダの不調(痛み・悩み)ペットの気功治療は「吉井気功院&どうぶつ気功院」

兵庫県(西宮)の気功院「吉井気功院」は、神戸・大阪だけでなく、全国からカラダの悩みを受付け遠隔気功による対応、いろいろな治療をされてきた方にご相談を受け付けております。ペットのための気功院「どうぶつ気功院」も併設


テーマ:
みなさま、こんばんは

ここ最近、書籍の販売から全国の皆様からご相談をいただく件数が
およそ10倍まではいきませんが、かなり増えてきて驚いてもいます

本日は、心臓と腎臓・肝臓の弱ったトイプードル チロちゃんの
気功体験談をご紹介させていただきます


犬 いぬ 猫 ねこ わんこ ワンコ にゃんこ 動物 小動物 馬 フェレット 鳥 うさぎ ウサギ 気功 治療 体験談



【飼い主さんからのお便り】

我が家の愛犬チロ(トイプードル・♀・16歳)のこの1ヶ月の出来事

チロは2年前から心臓の病気でした。
1日3回の薬が切れると、舌が真っ青になり息が苦しくなるのです。

それでも、夏前まではそれなりに元気にしていたのですが
この1ヶ月は食欲が落ち、下痢や嘔吐が続きました。 

毎年、夏バテから体調を崩すので、今回も異常な暑さからだろうと思いましたが
一向に良くならず痩せてきたため、ハッピーハウスに相談しました。

そして「少し遠いですが」と獣医さんを紹介して頂いたのです。

直ぐに主人と連れて行きましたが…すでに急性肝炎と腎炎を起こし
血液検査の数値は正常値と2桁かけ離れていました。

もうこのままだといくらももたない…
本来なら24時間点滴で即入院だが高齢でもあり精神的なストレスを考えると
その治療は勧められない

入院中に急変して死に目にあえない可能性もあるというお話に
私はうろたえ、涙が止まりませんでした。 

そして、病院で不安な思いをさせることがチロにとって一番良いのかを
夫婦で悩んだ結果、これ以上の治療は止めようと決めたのです。

それからは、家で無理矢理お水や重湯や栄養剤をスポイドで
飲ませて命をつないでいましたが

ある日の夕方、いつもかかさず主人を出迎えるチロがそれをせず
かごの中でぐったりしたままなのを見て、ふと今晩を越せるだろうかという
不安がよぎりました。

その時ですハッピーハウス通信の
「気功を使った治療で最後までいつも穏やかで落ち着いて苦しむ事もなかった…」
という記事を思い出したのは。

吉井気功院は、その日(月曜日)お休みでしたが
スタッフの土本さんと連絡がつきチロの様態をお話ししました。

そして、明日までは無理かも知れないことを伝えました。 

その時は吉井先生と連絡がとれないとのことでしたが
急を要する事態に土本さんが
「わかりました。では私が気を送りますから、写真をFAXして下さい」と快く
言って下さったので、早速チロの写真を送らせていただきました。

すると、それまで苦しそうだったチロの様子が少しずつ楽になり始めたのです。
…信じられないことでした。 

それから一晩中、土本さんからうかがったアドバイス通り、夫婦二人めそめそするのをやめ
頼りないながらも気を送り続けました。 

そして火曜日。せめて気のカードだけでもいただこうと出かけたところ
火曜日は、ちょうど先生が空き時間にペットの気功をしてくださる日だったので
しっかり診ていただくことができました。

先生が手をかざしてぐったりしたチロの体に直接触れるということなく
チロに気を送るというものでした。

普通小動物なら15分も送ればいいそうですがその時のチロはとても悪い状態で
刺すような冷たいものがどんどんチロの体から出てきたそうです。

治療の途中からは、チロの手足がピクピクと動き出し
体温も上がり、少し楽になった様でした。

帰ってからすぐ、頂いた大きな気功カードはかごの下に敷き
紐は首輪代わりに巻き、小さなカードでなでてやり
気を入れていただいたお水を飲ませました。

でも体温は少し戻ったものの、その日も翌日も食欲はなく、ぐったりしたままでした 

その様子を土本さんにお話ししましたら、木曜日にも診て下さる事になりました。

診ていただいている途中からチロは気持ちよさそうで、息づかいも落ち着き
その内穏やかな表情で寝息をたて始めました。

そして、治療を始めてから1週間後には
先生が「ずいぶん気の流れがよくなってるよ、きっと、食べるようになるよ」と
おっしゃった通り、水だけでなく、大好きなささみなども少しずつ食べ始め
調子の良いときは朝から台所に来て「何か食べる物はない?」と催促するほどになったのです。

まだ波があるものの、気功の治療を始めて3週間で、ずっと飲んでいた
心臓の薬(利尿剤含む)も、1日3回から1回に減らせるほどに鼓動も調い
黄疸が出てまっ黄色だったおしっこの色も元に戻り、よく出るようになりました。

今回、チロを通して始めて気功というものに触れました。
目に見えないものをお話しするのはとても難しいことですが
今すやすやと眠っているチロを見ていて、注射や薬、食べ物やお水までも
受け付けないほど弱り、滞ってしまったチロの気(治癒力)を再び巡らせ

本来持っているチロ自身の力を取り戻す大切なきっかけを気功の治療から頂いたと思っています。

あのまま逝ってしまっていたら、楽しいチロとの思い出よりも後悔ばかりが残ったと思います。

その事を考える時、吉井先生、土本さんそしてハッピーハウスのみなさまとの
ご縁を本当に感謝しております。ありがとうございました。


このように、自然食に、変えてもらったチロちゃんは食事を、楽しんで
まるで、別犬になったように生き生きとすごし、命をまっとうして
その年の秋、安らかに天国に旅立ちました。

家族の、一員であった、最愛のペットとの別れは、つらいものですが
十分なことを、してあげられて、最高のお別れができたのではないかと思います。



--------------------------------------------------


〒662-0812
兵庫県西宮市甲東園1-2-37 レマン甲東1F
0798-51-8374
午前 10:00~12:00
午後 14:00~19:00
※詳しくはホームページにてご確認ください



【吉井気功院ホームページ】
http://yoshii-kikouin.com/
【どうぶつ気功院】
http://animal-kikouin.com/
【公式Facebook】
https://goo.gl/zRgqo1
【公式Twitter】
https://twitter.com/yoshii_kikouin
【Instagramでもご案内を開始しました】
https://www.instagram.com/animal.kikouin/

※これまでの動物たちの気功体験談が書籍になりました

犬 いぬ 猫 ねこ わんこ ワンコ にゃんこ 動物 小動物 馬 フェレット 鳥 うさぎ ウサギ 気功 治療 体験談


タイトルは「5000匹の命を救ったペット気功 - 病院で見放された犬、猫、ハムスター、ウサギ、フェレットたち」
というタイトルで発売されています。

カラダの悩みとペットの気功治療「吉井気功院&どうぶつ気功院」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス