【ワンちゃんの気功体験談】歩行困難のラブラトール ヤマトくん | カラダの不調(痛み・悩み)ペットの気功治療は「吉井気功院&どうぶつ気功院」

カラダの不調(痛み・悩み)ペットの気功治療は「吉井気功院&どうぶつ気功院」

兵庫県(西宮)の気功院「吉井気功院」は、神戸・大阪だけでなく、全国からカラダの悩みを受付け遠隔気功による対応、いろいろな治療をされてきた方にご相談を受け付けております。ペットのための気功院「どうぶつ気功院」も併設


テーマ:
あたたかくなってきましたが、朝晩の冷え込みがきつい日もありますので
季節の変わり目は、体調に変化もでやすいこともありますので
動物たちのご依頼と同時に、体調不良のご相談も多い季節です

本日は、随分昔のお話ですが、ラブラドールのヤマトくんの飼い主さんから
いただきました気功体験談をご紹介いたします

ラブラドール 歩けない 歩行困難 股関節 形成不全 犬 いぬ イヌ ワンちゃん dog 気功 治療 闘病 ケガ 回復


【飼い主さんからのお便り】

ヤマトと吉井気功院の出会いは、2003年の春

まだ、どうぶつ気功院がなく旧気功院の近くの駐車場での治療でした。

獣医さんに股関節形成不全と診断され、一生完治が望めず
走ることもできず将来寝たきりになるという恐ろしい遺伝病です。

でも、私はこの病名に疑問を抱いておりました。
レントゲンをなんど撮ってもそれらしい異常がないのです。

とうぜん股関節の軟骨をつくるという注射を定期的に打つ治療
ステロイド、鎮痛剤とそれらしい薬を処方されました。

それでも、よくならず最後に手術を勧められました。

手術なんて最後手段だと思ったのと同時に本当に股関節形成不全なんだろうか
という思いが日増しに大きくなりました。

それで手術以外で何か方法はないかと探し、たどり着いたのが吉井気功院です。

初めての治療のとき先生は
「左の後ろ足のひざが原因だと思うから一度べつの獣医さんに診てもらったら」
と言われたのです。

そして、別の動物病院で診察を受け
左後肢膝の十字靭帯断裂との診断がくだりました。

診断を受けた動物病院では手術ができないので
三重県の動物病院を紹介して頂き手術を受けました。

手術中も先生に気を送って頂いていたので
担当の獣医師が驚くほどの回復の早さでした。

しかし、その後の縫合糸膿瘍を併発。

再手術になり傷の回復に時間がかかりました。

…やっと退院。
その時「ヤマト君は、これから一生走ることはできないと思ってください。」と言われたのです。

私と息子は愕然としました。

息子は、自分が散歩に連れて行った時
自転車に轢かれたのが原因だと知っておりましたので
心の中で『俺のせいや』と自分を責めたそうです。

決して息子のせいではないのです。

ヤマトは見ず知らずの男性にわざと自転車でひくという心無い行為によって
なっただけだったのですが。

私のもう一度ヤマトを走らせてやりたいという気持ちと息子の自分を責め
なんとかヤマトを元のようにしてやりたいという気持ちを
吉井先生と土本さんに伝え気功治療再開になりました。

手術後、初めての治療のとき吉井先生と土本さんが
「大丈夫、走れるようになるから」との言葉に私も息子も本当に救われました。

その後、ヤマトより重症の動物たちの治療が入ったりして
少しよくなったので様子を見ることに。

このまま良くなるだろうという全員の見解を無視するように
ヤマトの足は悪くなって行きました。

それでも、ヤマトより重症のワンちゃん、ねこちゃんが
治療をうけていたらと思うとわるくなり電話をする気にはなりませんでした。

ヤマトは悪化するばかり、前足にほとんどの体重をかけ
背中は猫のように丸くなりおおよそ2歳とはおもえない
老犬のような歩き方になってしまったのです。

もう、我慢できないと思い土本さんに電話でヤマトの状態をつたえました。

「どうしてそんなに我慢してたの、遠慮せずに電話してきなさいよ」との答え
そして、また気功治療の再開です。

それから毎週一回治療に通うようになりました。

最初は治療してもらった日とその後2日くらいは後ろ足をひくものの
背中の丸くなった状態はなく歩くのですが3日目になるとまた元にもどってしまいます。

それが3ヶ月を過ぎたころから普通に歩けるようになったのですが、
今度は良いほうの右後ろ足をひくようになり
「今までがんばって左足をかばってきたのだからしかたないわね。でも気功でなおるから」
との土本さんの言葉を信じて両後ろ足の治療をはじめました。

それからは、一進一退が長くつづきました。

毎週うまく時間の都合がつけばなあと思っておりましたら
「もうすぐ動物の気功院ができるのよ。みんなの都合の良い時間に治療できるようになるから」
とのうれしいお知らせ。

これまででは、先生も土本さんもなんとか時間をつくって動物たちの
治療をしていただいていたので、先生たちの時間とこちらの時間が合わなければ
治療してもらえない状況でした

ヤマトも毎週とはいかないことは多々ありました。

翌年の6月『どうぶつ気功院』ができてから
毎週1回確実に治療していただけるようになりほんとうに嬉しかったのを覚えております。

『どうぶつ気功院』へ毎週通うようになってからは
目に見えて良くなって行きました。

今では走れるようになりました。

ヤマトの笑顔で走っている姿を見て気功院へ通いながらも
悪くなったとき、あせってステロイドや鎮痛剤を飲ませようかと
まよったときもありましたが

先生と土本さんに良くないというお話を聞き飲ませなくて
今、本当に良かったと実感しています。

ステロイドや鎮痛剤を飲まなくても治るのです。

ヤマトは今薬は何も飲んでいませんが元気に走り回ってます。

先生と土本さんにはほんとうに感謝いたしております。
ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします




【土本より】

大型犬は、どうしても、関節に体重の負担がかかるため、
簡単にはなおりません。

好不調の波もありますが、我慢して、治癒力をひきだす気功を続ければ
必ずいいほうにむかっていきます。

決してあせらないことです。

ヤマトくんは、走れるようになり、とびつけるようになり
はしゃぐことができるようになりました。

若いのに、おとなしいので老犬に見られていたのが
今では、いたずらしたり、ふざけたり、青年らしくなってきました。
お兄ちゃんがとっても喜んでくれて、いつも早朝おきて散歩にいってるそうです。

手術した左ひざも、かたくなってますから、かばって右足がいたくなったり
まだまだ、すっきりというわけにはいきませんが
そのつど気功治療や、遠隔気功で、バランスをととのえて
歩きやすくしてあげれば、少々痛めても悪化せず、左右の足の太さのちがいも
しだいになくなってくることでしょう。
(うちの気功は骨格のバランスをそろえることができます。)

手術のとき「もう、一生走れないでしょう」といわれたのが
今ちゃんと走れているんです。

その年の夏は、友人のご家族とキャンプにいき、川で泳いだり
念願の楽しいレジャーが実現しましたね。

足場の悪いところで遊ぶので痛めるかと心配していた足も大丈夫でした。

こんなに回復して、本当によかったですね。

これも飼い主さんご一家の愛情と気功を信頼して
あせらず我慢して通院つづけてくださっているおかげです。

ステロイドなどの薬の副作用もようやくきえてきました。

手作り食にされて、毛並みもとってもよくなりましたよ。
体臭もなくなったそうです。


--------------------------------------------------


〒662-0812
兵庫県西宮市甲東園1-2-37 レマン甲東1F
0798-51-8374
午前 10:00~12:00
午後 14:00~19:00
※詳しくはホームページにてご確認ください



【吉井気功院ホームページ】
http://yoshii-kikouin.com/
【どうぶつ気功院】
http://animal-kikouin.com/
【公式Facebook】
https://goo.gl/zRgqo1
【公式Twitter】
https://twitter.com/yoshii_kikouin
【Instagramでもご案内を開始しました】
https://www.instagram.com/animal.kikouin/

カラダの悩みとペットの気功治療「吉井気功院&どうぶつ気功院」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス