GME(肉芽腫性髄膜脳炎)のフレンチブルドッグ ウーちゃんが奇跡的に回復 | カラダの不調(痛み・悩み)ペットの気功治療は「吉井気功院&どうぶつ気功院」

カラダの不調(痛み・悩み)ペットの気功治療は「吉井気功院&どうぶつ気功院」

兵庫県(西宮)の気功院「吉井気功院」は、神戸・大阪だけでなく、全国からカラダの悩みを受付け遠隔気功による対応、いろいろな治療をされてきた方にご相談を受け付けております。ペットのための気功院「どうぶつ気功院」も併設


テーマ:
みなさま、こんばんは

本日は、GME(肉芽腫性髄膜脳炎)のフレンチブルドッグ ウーちゃんが
奇跡的に回復した際にいただきました飼い主の方からの体験談を
ご紹介させていただきます


ワンコ わんこ 犬 悪性腫瘍 ガン 癌 闘病 治療 遠隔 気功


またこんな生活が送れると思わなかったね。
と気功をして下さった土本さんに家族全員で毎日感謝して過ごしています。

我が家の愛犬ウーちゃんは2歳のフレンチブルドッグです。

初めての室内犬ということもあり家族の一員として本当に大切な存在です。
 
そんな、ウーちゃんがある日突然歩き方が変になり
よく転ぶようになってしまいました。

慌てて病院に連れて行った所、フレンチブルドッグ特有の脊椎の異常で
外科的治療もできず、このまま歩けなくなり痛みを薬で抑えていく
治療くらいしかないと言われてしまいました。

脱臼でもしたのかな?と軽く考えていた私たちにとって
あまりにもショックなことでした。

2歳で寝たきりになってしまうウーちゃんがあまりに可哀そうで
何もしてやることができないのは本当につらい事でした。

私に「この子を治せるパワーがあったらな…」と思った時
ペットもみてくれるような気功のようなものはないのだろうか?
とすぐにパソコンにむかい「ペット」「気功」という言葉で検索してみました。

すぐに吉井気功院のサイトにたどり着きましたが
本当にそんなところあるんだという驚きと、やっぱり怪しいかな?
という思いと両方でした。

半信半疑のまま読んでいくと最後に「夜中でも起きている限りは電話にでます」と
土本さんの携帯が書いてありました。
なんかすごく熱いものを感じて電話してみた所、すごく親身になって
いろいろな話をして下さいました。

初めて希望に持てる言葉をかけられ、私自身もすごく勇気づけられました。
とりあえず、次の日にウーちゃんの状態と写真をメールで送り
その日の晩から遠隔気功をお願いしました。

ウーちゃんは寝ていたので、特に気功を感じとっているに
思えませんでしたが、心なしか気持ちよく寝ているようにみえました。

しかし、次の日の朝には状況がさらに悪化して、ついに食事も水も取らず
歩くこともできなくなってグッタリしていました。

前の病院の診断とは違う意見を求めて、違う病院に連れて行った所
骨や脊椎には異常がなく、むしろ考えられるのは
神経を圧迫している何かができているか、脳腫瘍か脳炎だろうということでした。

しかも、緊急事態で今まだ足に感覚が残っているうちに
原因をはっきりさせて外科的手術をしなければいけないとのことでした。

ただそれにはリスクが伴うこと、麻酔やCTを取る際の造影剤の危険性
もし何か見つかったとしても手術できるかどうかわからない等
聞いているのがつらくなるような説明ばかりでした。

想像もしてなかったことに、ショックで放心状態でした。

本当に悩み、このまま何もせずに帰ろうとも思いましたが
表情も無く今にも死んでしまいそうなウーちゃんを見て
少しでも可能性があるのならとお医者様にお任せすることにして
検査のため入院させました。

置いてきてしまった後悔と不安でいてもたってもいられず
土本さんに電話して状況を話し、すぐに遠隔で気功を送っていただくことになりました。

結局その日は一日に5回送っていただきました。

とにかく、検査や手術中に命を落とすことだけは避けたかったので
「土本さんが送れる限り気を送って下さい」とお願いして
一日7回送って頂いた事もありました。
(後で、こんなに送ったのは私も初めてよ。と笑ってみえましたが)

おかげさまで麻酔や造影剤で命を落とすことも無く
無事検査を終えることができました。

でもCTでは結局何も分からずMRIまでとることになってしまいました。

退院し次の週、京都までつれていきました、

結果は、肉芽腫性髄膜脳炎という進行性の病気で手足の麻痺、てんかんなど
いろいろ症状がでて余命も長くないとのことでした。
画像では左後頭部と頚椎のあたりに白い影が出ていて、素人の私達が見ても恐いものでした。

結局、原因はわかったものの外科的処置はできず、このまま薬などで
様子をみていくしかないという絶望的なものでした。

しかし、不思議なことに良くなるはずの無いウーちゃんの症状が
日に日に良くなっていたのです。

まず食べれなかったのが嘘のように食欲がもどり
手で補助しなくても、なんとか自分の力で立つことができるようになったのです。

入院していたので毎日、会いに行きましたが
入院3日目には自分で歩くこともでき、おしっこもできるようになっていました。

お医者様も最初ステロイドを大量に投与したけれど
その後は打ってないので何が理由で元気でいられるのかわからないという感じでした。

退院してからも毎日、気功は欠かさずお願いしましたが
その後の回復力は驚くばかりでした。

まず後ろ足がしっかりしてきて、きちんと自分で排便ができるようになりました。
そして、お座りもできるようになり、走ることもできるようになりました。

前足はクタクタで立つこともできなかったのに、今ではソファーに飛び乗って
穴堀りまでしています。

いつ死んでもおかしくないような状態から、まさかこんな姿を
みられるようになるなんて、本当に奇跡としか言いようがありません。

もちろん、お医者様の力にも本当に助けられました。
医学と気功と両方の力で生還できたんだと思います。

まだまだ油断はできないものの、生きている間はこのまま元気に過ごしてくれることだけが願いです。

でもそれも、気功をしている限りは大丈夫だと今は確信しています。

良いときも悪いときも、土本さんにはいつも救って頂き
時にはウーちゃんとは関係ない相談までしてしまうこともありました。

母に、あなたの精神安定剤だねと言われています。

本当に気功に出会えたこと、土本さんに出会えたことに感謝しています。
ありがとうございました。
これからも、欠かさず気功は続けていきたいと思っているので、宜しくお願い致します。



【土本からのコメント】

ウーちゃんが奇跡の回復をしてくれました、
本当にうれしいことです、
名古屋で、こちらにはつれていらっしゃれないため、遠隔気功をしています、
2月6日気功の依頼時の症状は、
脊椎と骨の異常で、脚がふらつき歩けなくなりそう。元気もないです。

3週間前から歩き方が変になり、1週間前から前脚が前にそってしまって
肉球が地面につかない状態です。

一応歩いていますが転んでばかり餌もトイレも自分で立ってられなくなりました。

医者で痛み止めの注射をうち、薬(鎮痛消炎剤と血管拡張剤とビタミン剤)も
一週間のませましたが症状はひどくなるだけでまったく効果はありません 

前脚がへろへろなので、くじいたり転んだりで更に動けなくなりそうです
ということでした。

あくる日別のお医者さんにつれていかれたところ、骨の異常ではないといわれ
入院しCT検査をされたわけです。

異常がみつからず、MRI検査まで一応退院しましたが
おうちに帰ると不思議なことに歩けるようになっていました。

週があけてMRI検査をを受けに京都までいかれました。

そして、後頭部に炎症があり、ようやくついた病名は肉芽腫性髄膜脳炎でした。

大変、怖い病気で短期間で亡くなる場合がほとんどだそうで、
京都と、名古屋の両方のお医者さんに
「歩けているし、こんな風に普通でいることが考えられない」といわれたそうです、

最初のころ、遠隔気功してもすぐ効果がでず、悪化するのをとめられなくて
歯がゆいおもいでしたが、大変な状況だったわけですね。

そこからよくぞ、生還してくれたものだと思います。

何度も遠隔気功を送ったのがよかったのでしょう、その気がどんどん治癒力となって助け
ウーちゃんの体は緊急に修復できたのだと思います。

2〜3ヶ月もてばといわれているくらいの怖い病気なので心配なので
いまも毎日気功をおくっています。

そして、不思議なくらいとっても元気です。

がんばって長生きして、お医者さんをびっくりさせようね


--------------------------------------------------


〒662-0812
兵庫県西宮市甲東園1-2-37 レマン甲東1F
0798-51-8374
午前 10:00~12:00
午後 14:00~19:00
どうぶつ気功院
※詳しくはホームページにてご確認ください



【吉井気功院ホームページ】
http://yoshii-kikouin.com/
【公式Facebook】
https://goo.gl/zRgqo1
【公式Twitter】
https://twitter.com/yoshii_kikouin

カラダの悩みとペットの気功治療「吉井気功院&どうぶつ気功院」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス