ワーキングマザーの時短家事・収納コンサルタント濱本良恵

家族が手伝いたくなる時短家事・収納の専門家、濱本良恵です。
2016年、WORMOM(ワーマム)という会社を立ち上げ、収納アドバイザー・コンサルタントとして本格的に活動を開始しました。
メルマガや、YOU TUBEの方もよろしくお願いします。


テーマ:

 

 

こんにちは
 
 
家族が手伝いたくなる
時短家事・収納システム
WORMOM(ワーマム)の濱本です。

 

学生の時、企業のインターンシップに

行った時の話。

 

 

参加者100名に対して、

パリッとスーツを着こなしている

仲村トオル風のイケメン人事さんが

 

「3分以内に、

この問題を解いてください。

ただし、1分過ぎて、分からなかったら、

手をあげた人だけにヒントをあげます。」

 

 

 

って、言ったのね。

 

 

やばい、かっこよすぎる…。

 

 

でさ、

私は1分経ったとこで、

 

全然わっからーん。

ヒントもらっお。

 

って

思って、真っ先に手を挙げたの。

 

 

ところが!

ところがよ!

 

ふと周りを見渡してみると、

だーれも手をあげようとしないのよ!!

 

ただの一人も!

 

 

その時の、私の心の声。

 

 

え!

マジか?!

誰も聞かへんの?

みんな、教えてもらわんでも

分かるんかー!

すごいな。

私、1分間、脳みそをひっくり返して

考えたけど、全然分からんかったで!

 

 

すごいな!!!!

 

ってな感じでしたよ。ええ。

 

 

途中、

「残り1分です。ヒントいりませんか?」

「30秒です。ヒントいりませんか?」

って、カウントダウン

されているにも関わらず、

誰も手を挙げない!

 

 

ってことで、

仲村トオルがかっこよすぎたからか、

ヒントなんて、全く必要としない秀才ばかりだからか、

緊張してたからか、

分からぬまま、

参加者100名のほとんどが

手を挙げないまま、3分が終わったの。

 

 

最終的にその中で、手をあげてヒントを

もらった人は私を含めた2名のみ。

 

 

この時点で、すごい優秀な人のところに、

紛れ込んだんやな、私。

 

 

と、ちょっとビビってたんやけど、

その直後、もっとビックリポーンポーンポーンポーン

することが起こったの。

 

 

 

それが、仲村トオルが

 

 

 

「回答できた人手を挙げてください」

 

って言った時に、手を挙げた人が

 

 

たった4人だけだったってこと。

 

 

100名中4名。

 

 

私はさ、直前まで、

みんなできてるんや!

すごいな!

って思ってたから、

 

 

 

え!!!!!!

 

 

どいういう意味?

ってなったわけ。

 

手を挙げた私ともう一人は、ヒントをもらって、回答。

ヒントなしで、自力で回答した人は2名。

 

 

つまり、期限までにそのタスクを

終われた人は、4名だったの。

 

100名中4名。

残り、96名は期限に間に合わず。

 

 

って、この結果どう思う?

 

 

(知らんがな)

 

 

いやいや、まあ聞いてや。

 

 

その時に言われたことが今でも

心に残ってるのね。

 

 

 

「物事の一番大切なことが何かを見極め、

そのために行動できる人になってください」

 

 

って、人事部のイケメン話。

これね。

 

やっぱり、かっこよすぎる…。

 

 

 

冒頭の話の中で、最も大切なことっていうと、

3分以内に、問題を解くってこと。

 

 

これを終わらせるために、

ヒントもあげるよ!

って言われているのに、

ほとんどの人は手を挙げなかった。

 

 

これって、どういうことかっていうと、

 

 

 

 

ほとんどのみんなは、

 

「自分で問題を解決したい」

っていう想いが、

「3分以内に、問題を解く」

っていうことよりも勝った結果だと思う。

 

 

偉いよね。

ちゃんと、自分でやらなきゃって、

思ってるんだろうな。

と思う。

 

 

 

誰でも自分で問題を解決したいって思ってる。

自分が考え出したオリジナルの方法で、

自力で物事を解決したいのだーって思ってるのよね。

 

 

だから、

「すいません、わかりません。

教えてください。」

 

 

って、手を挙げない。

 

 

確かに、

自分でやろうとすることって、

とっても大切。

自力でなんとかしようとする人は、

成長すると思う。


 

 

自分なりの方法を作りあげようと、
試行錯誤するのも大事。
 
 
ただ、期限までに終わらないなら、
オリジナルにこだわらず、
うまくいっている人のものを
そのまんま真似てみる方が
いいのではないかしらん。
 
 
 
と思う今日この頃。
 
 

 

 

 

このブログは、働く女性のリアルって、こんなんかーと、斜め読みしてもらえたら、超嬉しい!

 

 

そして、メルマガ、登録してくれたら、喜びのあまり、1日小躍りして過ごせるので、ヨロシク^^

 

 

 

 

youtubeやってます

 

 

 

関連記事

 

 

 

家族が自然と手伝いたくなる

時短家事・収納のシステムで

もっと人生しあわせにラブラブ

 

収納家事コンサルタント

 WORMOM(ワーマム) 

 

TEL 090-2018-8805

E-MAIL  info@wormom.net

HP http://wormom.net/

営業時間 10:00 - 19:00 

休業日 不定休 

営業エリア 全国 

 

お気軽にご相談下さいませ。 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

濱本良恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。