軽井沢ホテルブレストンコート 食の旅、

ブレストンコート ユカワタンにて、

「王様のジビエ」堪能後は、バタンキュー。

気持ちよく睡眠して、元気に朝食!

タパススタイルのビュッフェ。

お洒落でおいしくて、

あれもこれもとチョイス

そしてメインは、

朝だけどアルコールありのシードルと、

そば粉のガレット。

素材の使い方は、またまた勉強になり、

レッスンでも再現いたしますね!

AD

ELLEグルメ フードクリエイター部、

軽井沢ホテルブレストンコート、食の旅のメインイベント。

待ちに待った「王様のジビエ」は、

メインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」で。

森の中に佇む一軒家レストラン。

ドレスコード、スマートカジュアルで着席。

全てのメニューにペアリング。

最初は、Patrice Marc Grand Cuvee でAmuseを。

Entree 1er

鯉をマリネや燻製に 根セロリと共に

2014 Pouilly Fume Les Hauts de Perriee

お皿から一口一口、感激。

2eme

デリス・ド・パテ・アンクルート~パテ・ド・ロワ~

2014 Mariko Vinyard Merlot Chateau Mercian

長野はメルローに適した土壌とのこと、

国産メルローに感動。

見た目、サービス、おいしさ全てが完璧!

さばきのデモ、最高のサービス。

ワクワク。ワインもすすむ。

鹿のコンソメ。

ほっとするおいしさ。

岩魚のムニエル ソースショロン

2013 Bourgogne Blanc J.M.Boullot

本当においしいムニエル、私のレッスンでも

細かく教えるメニューで、これは絶品でした。

グラニテ

フレンチのコースの嬉しいところ。

さぁ。肉料理、食べるぞ。

リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル 野兎のロワイヤル。

古典フレンチの最高峰に位置するジビエ。

兎はやわらかくて、とろとろ。

つやつやの贅沢なソースに、4種の野菜のピュレ添え、

一口一口、複雑味が楽しめ、

この手間と時間がかかった一皿にありがたく、幸せ~。

1996 Ch,Bel Air Marquis d'Aligre

ワインの話が尽きなく、ふふっ、

私、ちょっと多めにいただいたよう。

Avant-Dessert

ジュニエーブル香るさるなしのコンポジション

飴をふくらませた風船の中に、デザートが!

それはそれは繊細で、品よくて、

黄柚子のスフレ

柚子の香りたっぷり。スフレもベストタイミング。

デコレーションも可愛い。

Petits Fours

森のお菓子

箱をあけるとプチフールがいっぱい。

どれを食べても凝った作りで、おいしい。

お米のハーブティ。ほっこりしたおいしさで、満足。

お部屋へ帰る道中、

北欧を思わせる「幸せを願うヒンメリの庭」

幻想的な世界でした。

AD

そして、待ちに待ったディナーは

野生の恵みを生かす特別料理

「王様のジビエ」。

アペロの空間。

凛とした澄んだ空気の中、

美しい星空の下で、

未だ経験したことのなかった

リゾートホテルの演出と

冬の軽井沢の魅力に感動のスタート。

「焚き火アペロ」人数によっては、

薪のばせる音を聞き、

炎を見つめながら、お酒を楽しむことが

できるそうですよ。

 

AD

Bean to Barって、知っている!?

 

カカオ豆の選別、

仕入れ、焙煎、成型など、

カカオ豆がショコラになるまでの全工程を

一つのブランドや工房が行うショコラ。

単一地域のカカオ豆で作られてるため、

カカオその個性が際立って、チョコレート好きには

たまらない味わい。

 

ふふっ、

ここ、軽井沢ホテルブレストンコートでは、

ザ・ラウンジで、Bean to Barチョコレートを

使用したアシェットデザートが楽しめるんだよ。

 

今回は、「カカオの贈り物」を堪能。

二つに割ったカカオポットのに入った

このデザートは、

下からチョコレート生地

カシス、赤すぐりのソース

マスカルポーネとチョコレートのムース

カシスビネガーに浸けたバラの花びら

ローズヒップ風味の生クリーム

そして、薔薇と塩チョコクッキーがトッピング。

チョコレートにあうコーヒーとのマリアージュも

味わいながら至福なチョコレートタイム。

お喋りも弾んで気が付いたら・・・1時間も。

 

このメニュー以外、

3種のショコラショー

カカオの宝石

カカオの泉

カカオの結晶

などなど、チョコレート好きには

たまらないね。

 

そして、チェックイン後案内されたお部屋は

テラスヴィラ。

とってもお洒落で、

ハーブティーを楽しみながら、ゆったり

 

先月に続き今月もレッスンでチョコレートのお勉強、

ティスティングやりましょう。楽しみね!

 

 

只今発売中の「女性自身」の

オイル漬け保存の達人になる!コーナーに、

私の新レシピ、

「魔法のオイル漬けBOOK」

に書き入れきれなかったオイル漬けのことや

フレーバーオイルレシピなど掲載させていただきました。

是非、お手に取ってオイル漬けの楽しさ

おいしさを味わってみてください。

きのこのサラダ

きのこのミルク粥

ポークサラダ

リヨー

白身魚のパクチーサラダ

パクチーおにぎり ‥等

フレーバーオイルについては、

レッスンでもやりましょう!

名古屋@八事教室は来週です。

ご興味ある方はお問合せください。

 

いしかわ伝統工芸フェア

トークステージ終了後は、

ELLEグルメ、フードクリエイター部

の活動で、「冬の軽井沢」へ。

東京からバスでたったの1時間、

着いた先は、ほんのり雪景色、

済んだ空気が気持ちよく、ほっとくつろげる心地よさ。

おなかもすいてきた頃、

文藝や芸術家が集い、

古くから多くの人々に愛され続けている

軽井沢星野エリア内「ハルニレテラス」でランチ。

スパイス料理・カフェ・雑貨の店

サジロカフェで、

羊カレー、

おいしいもちろん、店内もおしゃれで、

料理好きにはたまらない雑貨、調味料

今度は生徒さんと一緒に行きたいな。

そして、目的地

「軽井沢ホテルブレストンコート」着!

 

旨味たっぷり牡蠣のおいしい季節に、

せりのさわやさを合わせた

旬の香りを楽しむごはん。

寒いけど、春の気配を感じる

今、食べてほしいレシピ。

ナンプラーとオリーブオイルを加えた味は、

ビールもちろん、ワインにも。

ふふっ。

調理時間はたったの17分よ。

食べたくなったら、

さっ、どうぞ。

ELLEグルメ 旬の食材レシピ

【せりの巻】レシピは【こちら

美しい和食器を使った、
洋のセッティング4種は、
・輪島塗でモダンなおもてなし
・赤絵でアフタヌーンティー
・白い煮込みで藍を楽しむディナー
・色絵で楽しむシャンパンタイム
ふふっ、
いしかわ伝統工芸フェアの復習、
レッスンでもやりましょ。
ブースは本日まで。
名古屋1dayは、2月23日〜25日、
楽しみね。
「いしかわ伝統工芸フェア」
昨日のトークステージで、
ご紹介させていただいた4つのレシピ、
ごめんなさい!
HPのリンクが切れていました。
明日アップいたします。
本日最終日、食材とお皿のゲットお忘れなく。
調味料は、
いしる、味噌、奥能登海水塩、竹炭塩
食器は、
輪島塗のお椀、
九谷焼の赤絵小紋、宝文、染付宝尽くし
皆さんのおしゃれないしかわテーブル、
楽しみね。