【前日編】からの続きです。超長いです。)
 
当日(9/18)

朝3時ちょうど、夫がセットした目覚ましが鳴り、すぐさま夫はスマホで淡路島ロングライドの公式サイトをチェック。

私「どうだった?」

夫「…開催するって!

マジか!

↓淡路島ロングライド公式サイト

たしかに窓の外はなにも音がしない。とっても静か。
台風通り過ぎたんだ…お願いキラキラ
粘り強く、ギリギリまで開催の可能性をあきらめなかった運営の皆様に本当に感謝!!
 
ということで、あわただしく身支度など準備!
ネットで事前に情報収集したところによると、スタートはゼッケンの番号順ではなく、当日スタート場所に自転車を並べて場所をキープし、その先着順で出発するらしい。
大急ぎでなくてもいいけど、なるべく早くに行っておきたいところ。
 
というのも、淡路島ロングライドはスタート時間がカテゴリー別で決まっているのですが。
 
○カテゴリーA…脚力に自信のある人。8時間完走目安。5:45~6:20スタート。
○カテゴリーB…ゆっくり楽しみたい人。6:20~7:15スタート。←私達はこちらでエントリー。
 
ゴールの制限時間はどちらも16:30まで.。
つまり、脚力に自信がない人?ほど持ち時間が短いというアンビバレンツなのです。
最初は「なんでやねん!」と思ったけど、実際に今回イベントを走ってみて納得しました。
車道を車スレスレで走るコースも多く、参加人数も多い(定員2,200人)ので、追い越しが多いと渋滞して車の迷惑、さらに事故の危険性が増えるので、最初から速い人と遅い人を分ける方がベストなのですね。
 
ということで、4時にホテルをチェックアウトして会場へ向かいました。
 
スタートまで
改めまして、「2017淡路島ロングライド150」今回のコースはこちら下矢印
島をぐるりと一周で150kmです。ビワイチ北湖一周とほぼ同じやねニコニコ
IMG_20170919_111149535.jpg
島の南に激坂区間が何ヵ所かあります。(ちなみにコース全体の獲得標高は1217mらしいです)
IMG_20170919_111149550.jpg
最初これを見たとき「大丈夫かいな…」と怯えたけど、結論から言って足つきなしで全部クリアできました!
今年はたくさん山や坂を走ってきたから、だいぶ脚ができてきてるカンジ音譜
一つ一つの坂は距離もそんなに長くなく、頂上まできたら足を休められる下りがあるので多少楽でした。
半分くらいの人が自転車を押して歩く坂もあったりで、実際このイベントは厳しいコースだけど、それぞれが自分のペースで、無理せず楽しんで参加できればそれが一番だと思いました。
 
会場
夜が明けてきました。
車で会場に来る途中はけっこう雨が降ってたけど、これはいい天気になりそうだ~!
IMG_20170919_111149613.jpg
↓準備運動してるところを夫に激写されていた汗
実は今月は仕事が忙しくて、3回しか自転車乗れてないのよね…。
色々と大丈夫かしら汗
 
今回の事件と反省(全部で6件。多い)
自分メモ。今回は色々ありました…。
①プロテインシェイカーの蓋はきちんとしまっているか確認する
スタート前に会場駐車場の車内で飲もうとしてシェイカーを振ったら、きちんと蓋がしまってなくて車内にぶちまけて夫に激おこされました…。
プロテインって拭いてもなかなかきれいにとれないのね…。
 
②自分の列がスタート近くになったら持ち場を離れない
せっかく早めに会場に着いて場所取りしたのに、いざスタート前にトイレに行ってたら、自分の列がスタートしてしまい、最後尾に並び直しになってしまいましたドクロ
オーマイガ!
カテゴリーBの18列目とかだったかな。結局私達のスタートは6:45分でした。
この時点で、一番最初にスタートした人から1時間もハンデがついてしまいました…。
 
③泥除け(アスセーバー)を落とす事件
IMG_20170916_160758120.jpg
雨が降ったあとだし、と思って、出発前に買った泥除けをうれしげにつけて出発しましたが、不十分なセッティングだったようで、走ってる途中に落下ドクロ
夫が後ろを走ってた時だったので回収できましたが、危ないよね…。
次は注意します…。
 
④クリートに砂が詰まってビンディングが入らない・外れない事件
面倒くさがらずに、エイドではちゃんとクリートカバー着けないとだめですね。
砂地が乾いてたので大丈夫だろうと思って着けなかったけど、しっかり金具に詰まりまくり。
あらかた詰まりをきれいにして出発したけど、ビンディングが入らない・外れないでスピードがなかなか出せず、結局停車して掃除し直して大幅なタイムロス。
 
⑤ビンディングは早めに判断して外す!
④の外れにくいのが影響して、信号待ちの停車で外さずにのろのろ行けるかと思ったけどやっぱりだめで、いざ外そうと思ったら外れず、前にぶつかったらいけないのでやむなく横に立ちゴケ。
カーボンバイクを倒し、膝をすりむいてしまいました…(´;ω;`)
 
⑥なんで今日やねん!のロード初パンク
ええ、今回パンクしたんですよ…ドクロ
私も夫も1年2カ月前にロードバイクを買って今までパンク無しだったんだけど、気分よく時速30㎞くらいで走ってたら、私のバイクが何かを踏んで、ガン!かバン?、聞いたことないようなすごい音がしたんです。
はっきり言ってこれは避けられなかったです。見た目なにもなかったと思います。
だからほんとに小石を踏んだのかなあ、とそのときは思ったんだけど。
「まさか、ね…」と思いながらしばらく走ってたら、バイクがフラフラしてきたので、やっぱりパンクかあ~、とあきらめて停車。
さわったら後輪がふにゃふにゃ…ガーン
点検したところ、タイヤには何も刺さってなくて、チューブに穴があいてました。
もちろん替えチューブなど、パンク修理のキットは一通り持ってきてたので、夫が手早く10分くらいでチューブ交換。
(私はそもそも後輪を外したことがない…。一人参加だったらリタイアの危機ドクロ
携帯ポンプで入れられるだけ空気を入れ、幸いにも次のエイドが近かったので、そろそろと無理せず走ってエイドで運営さんから空気入れを借りて、なんとか乗り切りました。
100㎞を過ぎた終盤近くのパンクだったから良かった。
前半だったら時間がなくなってさらに焦ってただろう汗
 
↓持って帰ってきたチューブ。
二つ穴があるからやっぱり穴か段差かなにかのリム打ちの可能性?
IMG_20170919_155859740.jpg
夫は「次買うのは、軽量チューブより、耐久性のあるチューブのほうがいいんでは」と言ってたけど…。うーん。
 
スタート(ようやく)
それでは行ってみましょう!ウインク汗
スタートしてしばらくは押し歩きです。いい天気でワクワクしますキラキラ
今回は追い風基調が多かったような気がします。
スタート直後は市街地で車も多く、ウォーミングアップという感じでのんびり走りました。
 
最初のエイドは28.4㎞地点の洲本です。
時間制限にあまりが余裕がないのがわかってたので、大急ぎでとん汁やおにぎり、パンや羊羹やゼリーなどを頂いて、普段の私達からは考えられない早さでエイドを出ました(汗)
恐ろしいことに、それでもここを出たのがタイムオーバーの20分前…。
ギロチンが後ろからおっかけてくるみたいでいやですあせる
 
↓これは最初の激坂ポイント、立川の頂上かな。
↓ここは南淡路水仙ラインっていうのかな。
きれいな平坦な道が海岸線沿いにどこまでもあって(4、5㎞はあるよね?)、全速力でかっ飛ばしていきたい、スプリント練習に最適な感じの道。
今治にもこんな道あったらいいのにな~お願いキラキラ
 
第2エイド(59㎞地点)灘エイドステーション。
私は今回のイベントはひたすらおにぎりばっか食べてました汗
おにぎりがどのエイドにも必ずあったのはうれしかった。
(しかもすべてのフードが基本的に食べ放題だったと思う。ありがたや~ありがたや~)
パンも常にあったけど、今日はなんか気分じゃなかったあせる
夫は色々チャレンジしていたもよう。
右下の天ぷらはちょっと食べさせてもらったら、あったかくておいしかったキラキラ
  
 
海もきれいだったよ~。淡路島って全体的にリゾート感あっていいねえ。
しまなみ海道ももっとヤシの木を植えてくれ~。
さあ、激坂の連続区間に入ります。
男の人でも押して歩く人続出。
 
頂上かな。きっつい!
ちょっとひと段落してやれやれな感じ。
そうこうしてたら、なんか前方に変わったバイクが…。
こっ、これは「チャリダー」の撮影だあああ!!びっくり
朝比奈ちゃんの応援で猪野さんが後ろに下がってきてる感じでした。
(このあと猪野さんはバビューンとものすごいスピードで再び前へ消え去りましたが…。)
私達も朝比奈さんを追い抜きましたが、ちらっと見たところ顔は真剣で苦しそうでした。
あんなかわいい子にこんな苦しいことをさせて、なんてひどい…とちょっとかわいそうな感じがしてしまいました…汗
ガンバレ!はなんかおこがましかったので、声はかけませんでした。
朝比奈ちゃんが見事時間内に完走できたかどうかは…11月18日の「チャリダー」の放送を見てね!(笑)
 
自販機がつり銭切れでドリンクが買えず哀しむ朝比奈ちゃん。
 
第3エイド(96.8㎞地点)慶野松原エイドステーション。
激坂エリアを乗り越え、エイドに到着。やれやれ。
このエイドの制限は13:30まで。
激坂区間を順調にこなしたおかげで、制限時間が1時間近くまで稼げました。
ちょうどお昼時間くらいなので、ここでは長めに休憩を取りました。
IMG_20170919_111149511.jpg
 
ここではあったかいそうめん(にゅうめん)がありました。
おだしが疲れた体に優しくておいしくて、おかわりして2杯いただきました音譜
 
 
さあ、残り50㎞はほとんど平坦だから、ガンガンいこう!と楽しく走っていましたが、ここで先に書いた立ちゴケとパンクのトラブルが発生しましたドクロ
 
第4エイド(115.6㎞地点)多賀の浜エイドステーション。
ここで空気入れを借りてセーフ。何とか残りも走れそうで一安心です。
ここでは玉ねぎスープとかおにぎり、パンがもらえました音譜
立ちゴケとパンクトラブルの影響で遅れてしまい、このエイドを出発したのはタイムオーバーの5分前でした汗
ここからゴールまでは平坦なので、あとはもうこれ以上トラブルがないことを祈るばかりです。
 
そしてゴール!
色々ありながらも無事ゴールすることができました!
結局最終的には制限時間まで23分。間に合って良かった…。
かかった時間は9時間でした。
ゴール地点では猪野さんやうじきつよしさん、朝比奈ちゃん、竹谷さんが参加者と交流タイムしてました。
竹谷さんは全く会えなかったので、カテゴリーAの方にずっといて撮影してたんかなあ。
 
 
そんなこんなで、私たちの2017淡路島ロングライド150のチャレンジは終わりました。
今回は体のどこも痛くならなかったので良かったです。
 
台風をものともせず、たくさんのサイクリストがイベントに参加していました。
開催されたことがまず奇跡のようなものだったので、思い出深いイベントになりました。
参加された皆さん、関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした!
 
(おまけ)サイカムおすすめです
最後に、初めてイベントでサイカムを使ってみましたが、本当におすすめです!
今回のパンクや立ちゴケのトラブルもすぐ夫に気づいてもらえたし、信号停止時や減速時、加速して追い越しをかけるときの意思疎通がスムーズにできて本当に便利でした!
それにくだらない話や景色の話を延々とすることができて楽しいです。
仲間内や(最大4人まで会話できます)カップルやご夫婦にいかがでしょうか?(笑)
(唯一、今回チャリダーロケ班の近くを通った時に、サイカムがキーンという雑音がして困りました。混線したのでしょうか??謎です。)
 
以上、本当に終わります(笑)
長いけど読んでくださった方ありがとうございました爆笑!!
AD

コメント(18)