『フォード T型モデル』

フォードT型モデルは、産業界を変えたベルトコンベア方式の生産で大量生産を可能にしたモデルです。

フォードは、富裕層から一般人にも車の所有をと言う願いで大量生産し、販売価格を下げ購入しやすくしました。

また、フォードは、フォードの従業員の賃金を上げ、消費力を高めることで経済の循環を行いました。

フォードは、完成品を列車で運ぶのではなく、部品をパーツ毎に分けて列車に運び、現地で組み立てる方式にすることで列車で運べる台数を増やしました。

色々な意味で画期的で革新となった自動車モデルで経営学を学び、研究する者にとって実物を見ることはかなりの興奮となるでしょう!

【今までの発想を打ち破り、新しい事を行う勇気が世界や時代を変える!】





友だち追加
1対1のトークも出来ます!
LINE@だけのキャンペーンやお得な情報を発信中!


マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。