こんにちは。吉田隆行です。

今日の神戸は曇りです。

昨日は、教育について僕の考えていることを書きました。

今日は、教育を受けた人間がその次のステップとしてどの様に行動すれば良いのかについての僕の考えを書きたいと思います。

教育というのは、ご存知の様に先生や先人、親等から授かる受け身の行為です。

どの様にすれば良いのかと教えて貰い、その指示に従って行動します。
{6851A4ED-3282-4793-9737-0AC960FED8B3}


それによって僕達は、どの様に判断し、具体的に行動を取れば良いのかを理解します。

この段階で、自分自身のスキルを高め、ステップアップする事で理解力を高めることになります。

しかし、この段階はまだ受け身です。
{052D36C5-E1CC-4CD1-8984-958B2DAD43AC}


これは、まだ言われた事を自分の権限の及ぶ範囲の中で行動をとっている状態です。

ところが、現実社会は自分の予測したことや計画したこと計算したことだけが起こるわけではないです。

ですから、僕達は直面している状況に対して、自分の頭で考えて自分で判断して行動を取らなければならなくなります。

その判断基準を得るために勉強し、経験することで精緻させていきます。

すなわち、僕達は「自由裁量的に行動する」ことが必要になってきます。
{00530BD8-B93F-4276-9A88-0A6578BE2AA0}


その状態では、僕達の持ち得る権限の範囲は広がり、自己責任での意思決定と行動になります。

このように自分自身で考えて行動するには教育の範囲を超えて先天的な資質が伴うと経営哲学者であったP・Fドラッカーは著者で述べています。

また、心理学の側面ではマズローが提唱した『五段階欲求説』の最高次の欲求である「自己実現の欲求」となります。

職人や芸術家、アスリート、学者やミュージシャン、ビジネスマン等もパフォーマンスを高め、自らを高めて成功へと自分自身を導くにはこの自発性が必要となります。

人に言われてするのではなく、自ら率先して考えて行動する。
この前向きな積極性が僕達には必要となります。

ですから、ここで僕達は結果的に自分自身を変えれるのは、自分自身でしかないと言うと命題に到達することになるのです。

僕達は、セルフマネジメント、自己管理が大切になります。

どの様になりたいのか。
どの様に生きるのかと言う『生き方」、『人間性』が、重要になるのです。
{74EB7238-1C04-46AF-B5E9-DB4E2E9A9892}


そのベースとなるのが、『理念』です。

今日も、あなたに幸せなこと良いことが訪れますように。

ビジネスアドバイザー&ビジネスライター
人と組織の専門家
理念経営と再生と起業とブランディングの吉田隆行

#ビジネスや人生でお悩みの方、業績アップしたい方、更に良くなり方気楽にご連絡下さい。(24時間受付中)

吉田隆行連絡先yoshida@yoshida-consul.com

yoshida@yoshida-consul.com



マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。

AD