現在 過去 未来 

現在 過去 未来 

仕事は大切!仕事あっての人生!みんなハッピーに!

Amebaでブログを始めよう!

ついこの前まで夏でしたよね 笑

 

前職では1997年から2009年までの12年間、取締役をやらせて頂いておりました。

その時はイッパシの経営者のつもりでいました

 

2009年に起業しました

登記さえすれば誰でもなれる代表取締役です

 

やってみてわかったのは100倍いや1000倍大変です

この約10年変わらぬ気持ちです

 

人生全てを賭けて取り組む事でしか成功は得られない

 

私はそう思っています

それを思えば、昔は甘かったです

当時の社長も私にそう思っていた事でしょう(笑)

 

休日が多いと嬉しい⇄休日が多いと憂鬱

給料日が嬉しい⇄支払日が憂鬱(スタッフが嬉しい顔をしてくれたら嬉しい)

 

じゃあ楽になりたいのか?そりゃそうですけど、

性格か・・・楽になるのは何年も先でなくてはダメと思いながら早50歳を迎えた。

 

完成形を求めて・・・そしたら更に高みを求めて完成というのはそもそもないのでは

 

とか言って一番安心しているのは仕事をしている時

 

それはそれで幸せか!(笑)

 

少し時間があったので独り言のブログでした

 

後から読み返すと恥ずかしいかも(笑)

 

仕事は段取り、準備が大事であるということ。

仕事上では、段取りがうまくいっていれば残りの全ての仕事(仕上二分)がうまくいくということを表しています。

 

社内で今月中に書類回収 申請 代金回収と進める必要がある案件があります。件数は30件近くです なぜ今月かというと締め切りがあるからです

なので 早く進めよう!となっているわけです

 

毎回なんですがこんな案件が発生する度に中々思うように進みません 

 

担当によくよく話を聞いてみると仕事の「棚卸し」が出来ていません。

「木を見て森を見ず」ですが案件毎の進捗を追うばかり全体像が見えてないんです

 

まずは全体像の把握 把握出来たらやるべき事の優先事項の決定 そして日々の目標を決めて進めていく

 

頭の整頓から始めるとスッキリします

 

段取り八分仕上二分

 

昔の人は良く言ったものです

お客様の製造業の法人様にお伺いすると

 

最近は外国人の方が増えています 日本人の働き手の確保が困難だからです

 

どこの企業さんも人材確保に大変苦労されています

 

今後少子化と高齢化がどんどん進んでいきます

 

僕は前いた会社の社長に戦後日本と現代日本の人口ピラミッドの話を20年くらい前から聞いてきましたがいよいよそれが現実化になっています。

 

どうなっていくんでしょう 人が減るというのは楽観出来ないことです

 

内閣府はじめ国や地方自治体でも「働き方改革」の制度がどんどん出来ていますが現在は人が足りてる企業さんだとしても数年先を見越して今、動いていかないと大変なことになります。

 

少子化 中小企業社長の高齢化、事業継承問題 このまま対策を講じなければ世の中の中小企業はどんどん減っていき、働くことはできない人が何百万人と溢れるという説もあります

 

人口が減るので一概には言えませんが、溢れるといっても50歳以上の年配者に限られてくると思います

 

私もそうですが中小企業経営者の皆様、対策を講じましょう 

 

危機感マックスで考えていきましょう