日本の医療状況を先進諸国と比較すると、人口あたりで見た病院病床数が米国よりも4倍以上多く、
入院期間は5倍以上長い。

→入院が長くなると健康でなくなる可能性が高い。

抗インフルエンザ薬タミフルの、世界生産量の約8割を日本で消費していることからわかるように
日本人は薬大好き国民。一方で、多くの薬害に悩んでいる国でもあります。
生物製剤によるAIDS、医療事故による肝炎が薬害の代表例といえます。

→ 薬は少なめが健康の秘訣。

長寿と歯の関係

グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

歯周病になると、口腔内の歯周病菌が血流で心臓に運ばれ、臓の血管が炎症を起こし、動脈硬化や心臓発作になる可能性があります。

歯周病の人の心疾患での死亡率は、健康な人の23倍と言われています。
また、食べ物を飲み込む機能が衰えた高齢者が誤って歯周病菌が着いた食べ物を気管支や肺に送り込むことで、誤えん性肺炎を引きおこすことが知られています。
その他、歯周病で歯が抜けて食べ物が噛めなくなると脚力やバランス能力などの運動機能が低下したり、食事が進まず健康を害することもあります。
たかが「歯の病気」という考えをあらためて、かかりつけ歯科医を持ち、定期健診によって歯の病気の予防と早期発見・早期治療に努めることは大切です。