僕自身(立花隆)が がん(膀胱がん)になって

「患者の立場から語ってくれ」と、

がん関係のシンポジウムに招かれたときのことです。

それは朝日新聞の主催で開かれた、

一般市民向けの大きなシンポジウムでした。

 

僕以外の演者はすべて、大学や大病院、がんセンターなどの

そうそうたるがんの有名臨床医たちでした。

昼休みだったと思いますが、

控室でみなが雑談的にいろんな話をしているときのことです。

いつのまにか話題が抗がん剤の話になっていきました。

抗がん剤がどれほど」効かなかという話を一人がしだすと

みんな具体的な抗がん剤の名前を出して、次から次に

それがどれほど効かないかを競争のように話しはじめました。

 

「結局、抗がん剤で治るがんなんて、実際にはありゃせんのですよ。」と、

議論をまとめるように大御所の先生がいうと、

みな その通りという表情でうなずきました。

僕はそれまで、効くガン剤が少しはあるだろうと思っていたので、

「えー、そうなんですか?それじゃ『患者よ、がんと闘うな』で

近藤誠さんがいっていたことが正しかったということになるじゃありませんか」といいました。

すると、大御所の先生があっさり、

「そうですよ。そんなことみんな知ってますよ」

といいました。

 

ぼくはそれまで、近藤さんが臨床医たちから強いパッシングをうけていた時代の記憶が

強く残っていて、近藤理論は、臨床医たちから

もっともネガティブな評価を受けているとばかり思っていたので、

これにはびっくりしました。

誰か異論を唱えるかと思ってしばらく待ちましたが、誰も唱えませんでした。

あ、近藤理論は基本的に正しいのだと、認識が大きく変わったのは、

あの瞬間でした。