あまり知られてはいませんが抗がん剤治療中

患者の尿、大便にも抗がん剤が出ますから 看護する人は

排泄物が手についたら すぐに洗い流さなければなりません。

また 使用した便器のふたもこまめに閉じることが必要となります。

それほど 抗がん剤の毒性は強いということです。

 

抗がん剤治療中に周囲の家族が気をつけることはありますか?(体液曝露対策)

抗がん剤を使用したあとの排泄物や体液には、一定期間抗がん剤の成分が含まれます。

家族など周囲の方は、抗がん剤の投与が終了したあとも、少なくとも48時間以内は、次のことに気をつけてください。

・患者さんの便・尿・汚物、大量の発汗など、それらが付着した衣類やタオル等に触れる場合には、手袋を使用してください。

・排泄物や体液が付着した衣類などを洗濯する際には、他の洗濯物と分けて2回洗濯してください。

(なお、48時間以内でも排泄物や体液が付着していない洗濯物は、他の物と一緒に洗濯して良いとされています。)