抗がん剤の治療中には、薬の副作用によって様々な口の副作用が起きます。

 その頻度は高く、米国の国立がんセンターの報告では、

 一般的な抗がん剤治療を受ける患者さんの約40%

 造血幹細胞移植治療のような強い抗がん剤治療を受ける患者さんの約80%に

 口に関係する何らかの副作用が現れると報告しています。

 口内炎は、口腔内合併症の代表的なものです。

 がんの種類や抗がん剤の内容によって、その頻度や重症度の差はありますが、

 ほとんどの抗がん剤治療で口内炎が認められています(写真1)。口内炎はふつう、

 抗がん剤投与から1週間から10日くらいで起こり、その後は自然に治っていくのですが、

 全身状態が悪かったり、口の清掃状態が悪く細菌が多いと、

 口内炎の傷から感染が起こり、症状が重症になったり治癒が遅れたりします。

 抗がん剤治療によって口内炎になった人の約50%が重症の口内炎のために、

 抗がん剤の投与量の減量や治療スケジュールの変更など、がん治療そのものに悪影響を受けています。

 またほとんどの抗がん剤治療中は、骨髄抑制といって、細菌に対する体の免疫力が低下する副作用があります。

 がん治療中の吐き気やだるさなどで口の清掃が難しくなり口の細菌が増えることと重なると、

 口の感染症が非常に起こりやすくなります。また免疫力が低下した時の口の感染は、全身に広がってしまう危険もあります。

 実際、むし歯や歯周炎などの歯の治療がされていない状態で抗がん剤の治療が始まってしまうと、

 今まで症状のなかった歯が急に悪化し、痛みや腫れが起こることがよくあります。

 また細菌の感染に限らず、カンジダ(真菌:カビの一種)やヘルペスウイルスなどの特別な感染症も起こりやすくなります。カンジタ性口内炎

 

 まだ今の医療では、残念ながら副作用をゼロにするような画期的な治療法がありません。

 しかし、副作用のリスクを下げ、少しでも症状を和らげ、一日でも早く治す為には、

 口の中を清潔で整った環境にしておくといった、いわゆる「口のケア」が有効であることが様々な研究で報告されています。

 「がん治療の開始前、できれば2週間前までには歯科を受診しておくこと」

 「がん治療中も継続して口腔内を清潔で良好な環境に維持するよう努めること」がとても大事です。