紫根牡蛎湯 (しこんぼれいとう)
なかなか治らない皮膚やリンパ腺の頑固な炎症に


皮膚やリンパ腺の頑固な疾患で、慢性化して体力も落ち(虚証に陥る)、
過労・貧血傾向が顕著になり、さらに治りにくくなった状態に試みる漢方処方である。

 

紫根牡蛎湯・適応症
◆紫根牡蛎湯は水戸西山公の蔵方として伝えられている。
原典の『黴癘新書(バイレイシンショ)』や
『勿誤薬室方函口訣』には「無名の頑瘡(ガンソウ)を治す」とある。
これは、病名がわからないが、手足や顔、胸背などに出来て、なかなか治らない皮膚病、

リンパ・乳腺の 腫物、膿瘍などをさすと考えられる。

◆工藤球卿は「痔痛、痘疹に宜しく、
また乳岩、肺癰(ハイヨウ)、腸癰(チョウヨウ)を治す」と述べている。
痘疹:天然痘などの病 乳岩:乳房の治癒し難い疾患(乳がんなど)
肺癰:肺化膿症 腸癰:虫垂炎など

紫根+当帰は紫雲膏でも用いられている組み合わせで、
内服、外用共に血行を促進し、炎症を鎮め皮膚機能を回復させる。
皮膚炎や痔の痛みに用いることが多い。

◆本方には、一定の証を明確にすることは珍しいとされているが、
主に熱性の血によって起こる化膿性腫瘤(乳腺の痛み・リンパの腫れなど)で、
長引くものや虚証を呈して疲労感・貧血などを訴えるものを目標にするとよい。

◆これらの目標に従って、乳腺症(炎)、皮膚やリンパ腺の腫瘍、肺や腸の腫瘍、
扁平コンジロームなどの疾患に応用されている。

【処方構成】10味

主薬の紫根には清熱・解毒・排膿の働きがあり頑癬悪瘡を治す。
忍冬、升麻にも清熱・解毒の働きがあり紫根の作用を助ける。
牡蛎は硬く頑固な腫瘤をやわらげ、大黄の瀉下・駆血の働きもこれらに協力する。
黄耆には補気・固表の働きがあり、
当帰・川芎・芍薬(四物湯から地黄を抜いたもの) には、
補血の働きがあり、互いに虚証を改善して皮膚の機能を調える。
甘草はこれらの諸薬を調節して補強する。

シコニンを含む紫根は、古くから抗がん作用が経験的に認められて、
実際にがんの漢方治療では古くから利用されています。
進行がんにおける臨床試験でも有効性が報告され、
副作用もほとんど無いことが報告されています。


古くから漢方治療に使われ、その臨床効果が認められているため、
煎じ薬の内服でも十分に抗腫瘍効果が現れることが示唆されます。
実際に、白血病や肺がん、乳がん、絨毛上皮腫など多くのがんに対する有効性が示されています。
煎じ薬としては紫根を1日3~9g使用します。
作用機序の異なる他の抗がん生薬(半枝蓮・白花蛇舌草など)と組み合わせることによって、

その抗腫瘍効果が高まる可能性があり、
がんの漢方治療で試してみる価値が高い生薬です。

紫根(ムラサキの根)に含まれるシコニンには抗腫瘍効果があり、
そのメカニズムとして、がん細胞のプロテアソームの活性阻害作用が報告されている。