Feverfew:フィーバーフューはデイジーのような外観をもち、古代ギリシアの時代から偏頭痛や生理痛などの

激しい痛みを和らげる目的で葉を煎じたり生の葉をかんで食べるなどの方法で用いられてきました。

そのため「奇跡のアスピリン」とも呼ばれることとなり、

さらに1980年代に入って英国を中心としてフィーバーフューの効果の科学的検証が進み、

その結果英国の権威ある医学雑誌ランセットなどに発表されて大きな注目を集めました。

 

それによると、フィーバーフューの作用の中心はパルテノライドと呼ばれる成分で、

脳の血管を収縮させるセロトニンの放出を抑制し、

またロイコトリエンやトロンボキサンチンなどの生理活性物質のバランスを調整することによって

偏頭痛の痛みや発作に伴う光過敏症、吐き気などを鎮めることが報告されています。

NF-κB(NF カッパ B)は転写因子として働くタンパク質複合体..

パルテノライドはNF-κB(NF カッパ B)の特異的抑制物質である。

パルテノライドはNF-κB(NF カッパ B)に直接結合したり

NF-κB(NF カッパ B)の活性化を抑制するI-κBに結合することで、抗炎症効果を示すことが分かっている。

 

フィーバーフューには抗炎症作用も秘められています。

ヨーロッパでは古くから関節炎やリウマチの治療にも用いられてきました。

 

フィーバーフューは特にあたためると楽になる頭痛や脳血管の血流量の減少に伴う頭痛に奏効し、

また消炎作用も有するためリウマチや関節炎、それに生理痛などの痛みの緩和にも用いられます。

このハーブには虫除け効果もあるといわれ、花や葉を乾燥させてポプリやサシェにして利用します。

★注意★
キク科アレルギーの方、幼児、妊娠中・授乳中の方は使用に注意が必要です。
抗血液凝固剤との併用には注意が必要です。
生葉を食べると口内炎ができることがあります。

 

・効能・効果

 血管拡張、鎮痛、抗炎症、駆虫、解熱