科学的根拠に根ざしたがん予防ガイドライン「日本人のためのがん予防法」

国立がん研究センターをはじめとする研究グループでは、日本人を対象としたこれまでの研究を調べました。その結果、日本人のがんの予防にとって重要な、「禁煙」「節酒」「食生活」「身体活動」「適正体重の維持」「感染」の6つの要因を取りあげ、「日本人のためのがん予防法」を定めました。

このうち、「感染」以外は日頃の生活習慣に関わるものです。
これから紹介する5つの健康習慣を実践することで、あなた自身の努力でがんになる確率を低くしていくことが可能です。
図2 がんリスクを減らす健康習慣
図2 がんリスクを減らす健康習慣の図
 

5つの健康習慣を実践することでがんリスクはほぼ半減します

実際に、「禁煙」「節酒」「食生活」「身体活動」「適正体重の維持」の5つの生活習慣に気を付けて生活している人とそうでない人では、将来がんになる確率はどれくらい違うのでしょうか。

国立がん研究センターでは、日本全国の11の保健所の協力を得て、調査開始時点で年齢40歳から69歳の男女、総計140,420 人を対象に、生活習慣とがんやほかの病気の罹患(りかん)についての追跡調査を実施してきました。その結果、この5つの健康習慣を実践する人は、0または1つ実践する人に比べ、男性で43%、女性で37%がんになるリスクが低くなるという推計が示されました(図3)。

5つの健康習慣をどう実践すればよいのかこのページで具体的に説明していきます。
図3 「5つの健康習慣」でがんになるリスクが低くなります
図3 「5つの健康習慣」でがんになるリスクが低くなりますの図
Sasazuki, S. et al.: Prev. Med., 2012; 54(2):112-6より作成

                                     国立がん研究センターHPより引用