逆流性食道炎は、喘息を引き起こします。

その理由は2つあります。

一つ目は、胃から食道へ胃酸が逆流する際に咽頭まで達するので、気管支内に胃酸が吸入されてしまい、吸入された胃酸が気管支の粘膜に刺激を与えて喘息の症状を悪化させます。

2つ目は、食道内に逆流した胃液が、食道にある知覚刺激を刺激し時に、その刺激が気管や気管支の神経にも伝わり、反射的に気管がけいれん性収縮を起こすからです。

逆流性食道炎が喘息の引き金になる?

気管支喘息になった事のない人が、逆流性食道炎から急に本格的な気管支喘息になる事はありません。胃酸の過剰な分泌を抑制できずに放置した場合は、気管支喘息の前段階である咳喘息になる可能性はあります。

そして、咳喘息を放置すると本格的な気管支喘息に3割の人が移行してしまうことがあります。

なぜ気管支喘息に移行するのかといいますと、「気道のリモデリング」が起こるからです。

気道のリモデリング」とは、気管支の炎症が慢性的に続いた結果、気道壁が厚くなって、気管支の内腔がせまくなる現象です。

毎日の気道の炎症治療をおこたっていると、気道がますます敏感になり、発作をくり返すという悪循環におちいります。

この悪循環の輪を断ち切らない限り、気道の炎症は悪化する一方です。

発作が起こると、気道はその度に傷を修復しようとします。ところが、

傷が治りきらないうちに再び発作が起こると、不完全な状態のまま再生され、

内腔が狭まったまま元に戻れなくなってしまします。

咳をしているのに、気道の炎症を抑える治療をせずに放置していると気道がドンドン狭まっていきます。

気道が狭くなると、息苦しくなったり、冷たい空気やタバコの煙や埃や花粉など、

ちょっとした刺激に過敏に反応して咳をしたり、気道に違和感を感じるようになります。

気道の炎症の進行を早めに止めておく為にも咳が続いたら、早めに吸入ステロイド薬で治療する必要があります。