目標は具体的に!

テーマ:
こんばんは!


最近は新しい事業の立ち上げに関わっており、新年度も始まって今までにないくらいバタバタの日々を過ごしています。


たくさんのことを同時並行する能力は仕事でもスポーツでも必須の能力。


世の中無駄なことなんてないですね。


日々の日常でもフットサルが上手くなる要素がたくさんあるし、


フットサルの時でも日々の日常を効率よくこなすための要素がたくさんある。


行住座臥



日常生活の全てが鍛錬です。


もっと早くそういうことに気づいていたかった。


そしたらもっと…


という後悔があるので同じ思いを今の子ども達にして欲しくないと思って伝えるのが今の僕の役目かな。


なんて思っています。






最近はテレビでもよく、野球の大谷翔平選手やフィギュアスケートの羽生結弦選手の


「自分ノート」が話題になったりしてるのはご存知でしょうか?
(テレビでやってたのはあまり最近じゃないかも)


彼らに共通していることはかなり具体的に目標設定をしていること


「どのオリンピックで金メダルをとる」とか

「何歳でメジャーリーグで世界一になる」とか


目標を達成するまでの期間!
(いつ、何歳など)


どこでどんなふうに活躍しているか!
(オリンピック、メジャーリーグ、金メダル、ホームラン王、世界一のピッチャーなど)


目標が具体的だから、


その時の現状のオリンピックの金メダリストの能力やメジャーリーガーの世界一のピッチャー、バッターと比較して、


今の自分に足りないものは何か?


その人達を越えるためにはどんな努力をしなくてはいけないのか?


そういうふうに考えることができます。


さらに期間を設定していることで、


そこまでで達成するためにはどんなことを捨ててどんな生活を送るかも覚悟が必要です。
(テレビを見る、ゲームをする、ゴロゴロするなど無駄な時間を極力減らす)



ただなんとなく「プロになりたい」とかでは目標を達成するのは難しいでしょう。
(僕はただサッカー選手になりたいって目標設定をしていたタイプでサッカー選手になってどうしたいとかその先を何も考えてなかったのでダメでした)


スポーツに関わる指導者の方、ご両親の方などにはぜひ知っておいて欲しいことです。


僕が関わるcf academyの子は体験スクールの自己紹介で目標を言います。


その時目標が具体的でない子は練習の終わりにもう一度聞きます。


それくらい目標設定がその子の未来を左右することを指導者の人が理解しているので。


僕も教育という分野においてはまだまだですが、ぜひ参考にしていただきたいです。


お読みいただきありがとうございます。