カルテットの国のアリス

テーマ:


「カルテット」

前6話にて、
有朱は死んだのか?
何故巻さんのバイオリンを盗んだのか?
と沢山の方から聞かれるのですが…


今までの話を少し思い出してみて下さい。



指示を伺っていた鏡子さん…
鏡?
雪の国の物語。




地下のアイドル…
地下?
奈落の底?




すずめさんとのお茶会…
手ほどき?





ケーキのウサギ…
目を潰されたウサギ




そして、
鍵を開けてしまったアリス…
落ちていく穴。




もうお気づきかと思いますが、
坂元裕二さんが下さった
”来杉有朱”
という役は、某お国のアリスと
通ずる部分が多々あります。
一度原作本を読むと更に伏線を
回収することが出来ます。





{804FF959-32A0-4013-B29F-15CB6E0CEE32}





そしておまけの話。
私が有朱の実家のシーンを
撮った日、部屋を見渡すと
ある美術が目に留まりました。



それは子供時代の有朱が手に入れた
数々の賞状…


このバックボーンは様々な
捉え方がありますが、
(劇中にそのカットも含まれていませんし)
小さな子供が焦りを感じながら
一番を取り続ける裏には、
”親に認めて貰いたい”
そんな叫びが聞こえて来る気もするのです。



美術さんの細やかな演出にも
いつもミゾミゾするものです。









有朱が何に固執しているのか、
何を欲して、歪んだ行いをしてしまうのか。
そんな事を考えるとまた違う
側面の物語が浮かび上がります。
これは台本を読む時の一番の楽しみ。




それでは今夜7話でお会いしましょう


{4110363D-915A-46FE-A6E1-8432F954DA02}

{F4086978-DE09-4E1A-9D68-2A4E6B4C3D3B}




不可逆と巻き戻し。
バックの運転は難しい。





#abemaさんが有朱のインタビュー記事を
書いて下さっています。





{8F242423-58AA-419C-8A71-4A0D812E4E3D}