和風外壁施工その3 | 若棟梁のお仕事日記

和風外壁施工その3


暖かい日も続いていましたが、今日は一転、冬に逆戻り!

寒い日となりました。





さて、外壁施工のつづきです。





若棟梁のお仕事日記



下地材を取り付けました。



若棟梁のお仕事日記



下地材をの上に外壁材(杉赤身板)を打ち付けていきます。

この杉材も、湿気に強い赤身板を使用するのがいいでしょう。





若棟梁のお仕事日記


上の写真で左側の板の白い部分がシラタの部分で、水気や湿気に弱いとされます。

右側の写真の板が赤身の板で、湿気などの影響にも強いとされます。




若棟梁のお仕事日記




若棟梁のお仕事日記



写真のように、板と板を重ね合わせながら打ち付けていきます。







この続きはまた次回に!