和風外壁および屋根部リフォーム4 | 若棟梁のお仕事日記

和風外壁および屋根部リフォーム4

まずは、一階屋根部のリフォームです。

現在敷かれている瓦を、はがしていく作業からはじめます。
若棟梁のお仕事日記


若棟梁のお仕事日記

写真は、同じ場所を撮影しております。

築、50年以上も建っているこの家では、瓦を敷くときに、大量の土を使用していました。

以前は、このような工法で、(土と瓦を密着させ、固定する。)瓦を敷いていました。

土を大量に使用する分、屋根部には、相当の重量がかかり、負担も大きかったことと思われます。

淡路阪神大地震などで、倒壊した建物なども、昔ながらの土を大量に使用する工法がとられていたものと、

思われます。

在来工法が地震に弱いのではないか!と、かなりショッキングな映像をテレビで見た人も

多いのではないでしょうか。

現在では、土を大量に使用することもなく、決して、瓦屋根は地震に弱い!

とは、いちがいには言えません。

このつづきは、また次回に!