(2019年4月の記事に加筆して再アップしています)


いつだって同じ✨
この、日常の暮らしの中で見つけた
自分にとっての不具合を
丁寧に取り除いてみること

その時に出てくる恐れに向き合ってみること



自分を生きる
天国の中で生きるとは

その小さな積み重ねだってことを
過去の私が教えてくれて


あーそうだったそうだった
それが今の私の世界を創ってくれてるんだった

今の私も、もっと細やかにしてあげよう✨

って思ったよ✨








やっと(笑)続きデレデレ






もう嫌だーー えーん

ってなってから1歩踏み出した話。





多分最初はね、ただ変わりたい一心だった。

今までの私とは『違うこと』を
しようって気持ちがいっぱいだったラブ




だから何かを『加える』発想が先だった。
環境を変えようって発想。




そんな時に始めたのが写真だったよ。
あ、あとゴルフwもはや手つかずなクラブ、、、





やりたいことをしよう!!



と勢いづいて
今までもやりたいことやってきたのに



今までの自分に新たに付け加える形で
またそのとき興味あることをやり始めた。




全然間違いとかじゃないと思うよデレデレ


変わる、って
環境をガラッと変えるのも
ひとつだと思うから。



この時始めたカメラが
私の世界を変えたし
今振り返ればこれは
すごく大きなことだったデレデレ











でも!!






その当時抱えてた



もう嫌だーー
辛いー



って気持ちは、

カメラを始めたから
消えた訳じゃないんだよね。



さらに

カメラが上手くなったからとか
仕事になったからとか

だから消えたわけじゃない。






あのね、


なんか息苦しい
なんか生きづらい
って状況は、

日々の中の自分のひとつひとつの選択が
その方向へ導いてるの。




それはすっごく小さなことだったりする。






例えば私は今、
カメラの仕事が出来るようになった。



これはもう憧れの世界。

数年前、カメラの仕事ができてる人への
羨望の眼差し。
嫉妬。
私もあぁなりたい。
あぁなった私は幸せだ、
という謎の憧れを持ってた。





はい、では実際その状況になりましたデレデレ

カメラのお仕事ができるようになった。
カメラのお仕事だけにすることができた。




でも!
そうなっても色々あるわけよ笑い泣き

だって、私の中身
捉え方の視点がまだ
変わってなかったから。






あるひとつのエピソードをお届けします上差しキラキラ
私の心の動きとともに(*´艸`)






私が素敵だなぁ
好きだなぁ
と思った知人がいました。



その人を撮影できる機会がやってきた。
仕事として。



で、とても楽しくて
その人も満足してくれたようで
私も幸せなお仕事でした。



その後も、友人としてお付き合い。
私は変わらずその人が大好きです。




ある日、その人から
別の人Aさんを紹介されました。
お仕事の件で。



カメラマンを探していたそのAさんを
私は全く知りませんでしたが


さらに、撮影費用が
通常よりディスカウントされた依頼
だったのですが


大好きな友人からの紹介だからと
仕事の内容の確認も
そこそこにOKしました。





で、実際にAさんとの
やり取りに入っていきます。



そのやり取り中




ん?

え?



私の心がほんのちょっとだけ
違和感を感じたけど。


いや、まぁ大丈夫。
と思い直して続行。




どんな人かまだわからんし。

紹介してもらった人だし。

お仕事有難いし。






で、また会って話したり
そのあとのやり取りをしたり。




そこで私はだんだんと、
そのAさんが嫌になってきます。


話しててイライラムキー
何で?
何なんその言い方
失礼じゃない?
いや、ありえへん要求  ( 心の声 )



しまいには
なんか、撮影行くの嫌だな、、ショボーン
連絡来ると億劫だな、、ショボーン



モヤモヤ
ぐるぐる🌀



はぁぁチーン







はい!ここー!上差し






これね、一緒やん。
カメラやる前と!





仕事が嫌になる
人づきあいが面倒になる




またやってるやんね。






自分の世界、
自分が心地いいものにしたいんでしょ!チュー





それに気づいて、自分を見つめてみた。





まず、出発地点。



好きな友達からの依頼だった
お仕事(お金)がもらえるのが嬉しかった
さらに人を紹介してもらえるかも




好きな友達から頼まれたからって
承諾したのは私やん。

お金も欲しかったんやん。

その先の皮算用もあるやん。




それが悪い、ではなく。
自分が選んで決めている、
とちゃんと知ることが大事だったニコニコ







そしていざ、会ってみたら


苦手な感じの人だった
図々しかった
安くしてるのに

あの時あぁ言われた、ムカつくとか具体的エピソードも出てくる (笑)




好き嫌いはあっていいよね
安くしてるのに、、←この気持ちは丁寧に見てみた

そもそも、初めに希望金額言われてる。
それでも大丈夫かな、って。

で、大丈夫と答えたのは私。



だから
ここに不満が出るなら、
最初に丁寧に考えてなかった

または、
他で不満があるから、
ここに繋げてしまうってこと。


要は、余裕が無くなってる。



自分が全部まるっと受け止められる金額で
仕事を受けることが
自分と相手への礼儀だと身をもって知った。




今回のケースは?
まず言いたいことを伝えてみる。
が先にやるべき事だなと思った。






それでね、
何が1番こんなに自分を
モヤモヤさせているんだろって
考えてみたら



1番の理由は



大好きな友人からの依頼だから
文句を言ってはいけない
(友人に嫌われたくない




でした爆笑




そこで


私はほんとはどうしたい?
全部、なんでも
大丈夫だとしたら
どうしたいの?
何を選んでもいいよ




そう問いかけたら


失礼な人は撮影したくない


って出てきた。




同時に、
 
そんなことしたら、嫌われるかも
1度受けた仕事断るなんて非常識かも
人としてダメといわれるかも
お金入ってこないの勿体ない
この人の先にまた違う縁があるかも



てのが出てきた。





でも自分の世界を変えてみたかったから。

今までなら絶対しない選択、


ほんとに失礼な人なら撮影しない


ってことをやる覚悟をしたんです。
もしほんとにそう感じたら断ろうって。





そしたらさ、
最終、もう仕事お断りしてもいいやウインク
って思えたから



ちょっとした、
勝手にしてた我慢の部分も
ちゃんと聞けたの。



あれってこういう意味ですか?
どういう意味ですか?
それはこちらとしては不可能ですが
これだとどうですか?



って。



そしたら、意外と(笑)話が通じた。
話し合いとはこういうものだけどな
今までしてこなかったんだな





図々しいのは性格で。
逆にはっきりこちらが言ったら
理解もしてくれて。





結果的に


私が気持ちよく仕事できる環境を
自分で整えることができた。




言いたいこと言ったし
お金の話もできたし

それでもAさんも満足してくれて
ご機嫌で仕事ができた。




なんならめちゃ気に入ってくれて
次、その次の仕事まで希望してくれたびっくり





ここなんだと思う。
頑張るところって。






やりたくないけど
仕方なくやってたこと

惰性でやってたこと

人に怒られたくなくて

嫌われたくなくて

何かを失いたくなくて

やってたことを、やめることだった。





ここを頑張り始めて
すごくすごく大きな変化を起こしたよ。

自分自身も、現実の状況も。



沖縄
久高島の空照れ










ご質問、メッセージ、ご予約などはこちらまでおねがい

LINE@
友だち追加



________________

香水その他、撮影承ります香水

web site 

___________________________________