夜の散歩をしないかね~好きこそものの上手なれ~

夜の散歩をしないかね~好きこそものの上手なれ~

From夜の散歩をしないかね
Mr.Children 田原健一さんが好きなShinobuの徒然
~since2005~

超主観的REGRESSorPROGRESS


空のライブから約1年と3ヵ月後の秋。待ちに待った時は訪れた。
 

そう、恋焦がれてやまない田原健一との再会の日である。

 

例の私をライブに連れてってくれた子とはクラスが離れ、私はやっとミスチルを自分のモノに出来ていた。


しかし10日はその子と行くことになっている。控えめにしなければ・・・と思いつつも
 

私はライブ前日から緊張による吐気と鼻血で大変だった。

 

あぁ、もう福岡に田原さんがいるんだ!!そう思うと胸がいっぱいで今にも走り出しそう。
 

中間テストなんて知るもんか!!

 

 

そして再会の日、10月10日。空の時とは違いグッツも買い込む。やった!!田原モデルのサングラス!!!
 

緊張によりあまり話もせずにライブは始まる。深海の映像が流れ、私達は海の中へ潜る。

 

男の子がパソコンで何かを検索。
 

 

あぁぁぁ!!!原健一って書いてある!!!思わず卒倒しそうになる。そして・・・・

 

イノセントワールドが流れる。田原さんがギター弾いてる。

同じ場所に存在している。手拍子も忘れ、号泣。言葉にならない感情が溢れる。

 

空の時は知らなかった曲達が自分のものになってることが嬉しかった。
 

All by myselfなんてアレンジ違うし。超かっこいい。

 

 

メインストリートとかも振りとか出来ちゃう。♪今夜博多までドライビング♪と歌う桜井さん。

 

そしてあぁぁ!!ピアノから始まるラヴコネ!!

 

どうしようどうしよう・・・「もっと狂っちゃってくれ」って言われてる!!いいや!!狂え!!

 

ギャー!!!!!!!田原さんのギターが響く。もうどうしようもなくかっこいい。
 

桜井さんが叫ぶ「ギター!田原健一!!」

 

 

もう発狂、発狂、発狂。悲鳴、悲鳴、悲鳴。

 

 

そして座ってギター弾く田原さんに見とれつつ、私達はDiveと共に深海へ入っていきました。

 

シーラカンスのギターにまた涙。次々とアルバム通りに進むことに驚きを隠せない。
 

Mirrorのグロッケンの一生懸命さもたまらない。

 

「ありふれた・・」のマンドリンも素敵。そして「虜」。

 

このギターを響きを残しながら弾く

田原さん。

 

鳥肌ともうどうにでもしてくれ!!みたいな想いでいっぱい。今すぐ抱きつきたい~!!!

 

 

ソロが大好きな「花」。しかしここでは修ちゃんが弾いてたのでちょっと寂しかったです。
 

でもその分深海のギターで見せつけてくれました。

 

あぁ・・・田原さんと一緒にいれた深海からも出ちゃう・・・
 

そう思うともう寂しくて寂しくてたまらなくていっぱい名前を呼びました。

 

 

ん??この機械音は・・・もしや・・・そんなこんなで始まるアンコール。
 

そう田原さんの出番、私の出番。Dance×3です!!

 

激しいフラジャイルが静まると♪福岡BABY~♪と歌が始まる。
 

私は聴こえた。田原さんの声が!!歌ってる!!歌ってる~!!!!

 

そして始まるエビバデ。爆破もあってテンションは最高潮。
 

かっこよすぎるよ、田原さん・・・・。そしてトゥモネバ。はぁ・・別れが近い・・・。

 

 

「ありがとう」と言って帰るメンバー。田原さん帰るの早っっ!!!しかしやっぱし出てきてくれました。

 

 

「体育の日なので」と始まったシーソーゲーム。
 

メンバー紹介での私の絶叫と共に田原さんはまた一番に帰っていった。

 

13日も会えることに幸せを感じ、そして椅子の上に置いてあった福岡ドームの記事。
 

また会う機会が増えたことに感謝しつつ。

 

 

帰りに友達に言われる。「私よりも好きなんじゃない??」・・・・結局ばれていた。

 

 

13日は今現在のクラスの子と行く。初めて見せる私のあの姿に耐えられるのだろうか?と思い

ながら。

 

 

間の2日間、私は妄想にふけっていた。

 

全校集会の校長でさえステージの田原さんに見えてきたくらいだった。

(向かって左で話すから)

 

この日はアリーナの後ろの方。前には背の高い男性がいた。が、やはり私とは向きが違うのである。

 

 

10日の感動を思い出しながら、私はその子に普段からは想像も出来ない姿をさらしていたのは言うまでもない。

 

 

この日はハプニングがあった!!
 

なんと桜井さんが「So Let's Get Truth」の歌詞を間違え、2回も歌い直したのである。

 

 

田原さんも後ろで笑ってた。うわ~・・・これだから何度も行きたくなるんだよ~!!!

 

そしてこの日のアンコールのラストは[es]だった。
 

 

♪あなた~を愛してる~♪田原さんを見つめながらグッと手に力が入った。

 

また一番に帰る田原さんを見送り、私の1年ぶりの再会はこれで終わった。
 

 

寂しさと切なさと感動と・・・色んなものが込み上げる。

 

でもまた来年の3月には会える!!!それだけが私の救いとなっていた。

 

そしてまた妄想の日々は続き、中間テストはボロボロ。
 

授業中に歌詞を書いていたのを見つけられ先生に目を付けられる存在にまでなる。

 

しかしその分田原さん好き、ミスチルファンとしての私の地位はより高いものになっていった。

 


1996/10/10・13 マリンメッセ福岡曲順

イノセントワールド、LOVE、虹の彼方へ、All by myself、メインストリートに行こう、
ラヴ・コネクション、RoundAbout、Over

Dive、シーラカンス、手紙、ありふれたLoveStory、Mirror、抱きしめたい、名もなき詩、

So Let's Get Truth、臨時ニュース、

マシンガンをぶっ放せ、ゆりかごのある丘から、虜、花~Mement mori~、深海

~アンコール~

DanceDanceDance、フラジャイル、everybody goes、Tomorrow never knows

~アンコール2~

シーソーゲーム(10日)、[es]~Theme of es~(13日)

★単純ですいません(笑)深海ですね。やっぱこのライブは深海のすごさを魅せつけたライブでした。
そのまんまの背景です★

 

超主観的~hounen mansaku~夏祭り空[ku:]



高1の夏。そのころはC&A一筋で全くと言っていいほど他の音楽になんて興味の欠片もなかった。


そんな時に桜井さん大好きな友達にライブに誘われる。理由は私がライブ経験者だったから。


運命の1995年7月30日。っていうか暑い。とにかく暑い。


野外は初めてだし、ミスチル自体をちゃんと聴くことが初めてなくらい。


朝から炎天下の下並ばされて、ファンでもないのになんでこんなことしてるんだろう。


リハが聴こえててもちょっと帰りたくなっていた。


「誰見るか決めとけば?」「・・・・じゃこの人。」


ダウンタウンにはまっていた私が選んだ人間、
それがパンフの表紙田原さんだった。 

 


夕方。
始ったはいいが、オープニングが長い!!


誰がメンバー??ま~だ~??そして桜井さん登場。やっと始まる。


全く聴いたことのない歌が流れていく。


そしてとりあえず、くらいで田原さんというギターの人を見てみる。


でも。雨のち晴れというらしい曲のギターを弾いてるその人。

 


後ろのスクリーンにアップ。難しそうな音なのに平気そうな顔して弾いてる。

 

桜井さんとその周りを踊るダンサーを邪魔だと思ってしまう。ギターが見えないから。

 

あらら、次ぎの曲はひっこんじゃった。(思春期の夏のため)

かえるの歌とか楽しいのに気になる気になるギターの人。

 

やたらセクシーな曲(ラヴコネ)でさっきとは違うギターの音。

 

 

「同じ人!?っていうか・・・かっこいい??」

 

 

やっと知ってる曲「everybody goes」でスクリーンに顔がメンバーの顔が次々と映る。

「あ、あの人だ!!」探している自分。


イノセントワールドは何とか歌えて一旦静まる。めちゃくちゃ寂しい。


「さっきの人もう一回見たい!!!」 アンコール一曲目。その曲で落ちた。激しいギター。


「この人SEXY!!めっちゃかっこいい!!!」


んでTomorrow never knows大合唱。

「っていうかあの人マジかっこよくない!?」

 

後ろで「田原さ~ん」と叫ぶ声にもう嫉妬する私。で、負けずに叫ぶ。

 

「田原さ~ん!!!!」隣の友達はかなりビックリしていた。

 

シーソーゲームとういう曲が終わった後、私は友達に一言。


「ギターの田原さんだっけ??あの人私かなり好きになってしまった!!!」 

 

「超セクシー!!超かっこいい!!!」友達が桜井さんの感想を言えないくらい私はマシンガンのように語る。

 

 

帰り道、私はもう田原さんという人の事で頭がいっぱい。
 

帰って母親に「やっぱASKAさんの方が良かった?」と聞かれる。

 

私は「・・・やばいね。」と意味不明の言葉を残してその場を去る。

 

次の日、学校では桜井さん好きの友達がライブの話を皆にしている。

 

当時ミスチルはその子のモノだった。C&Aが私のモノのように。

 

だからそこに私が入ってはいけないのだ。その領域を侵してはいけないのである。

 

それから私は隠れミスチルファンとして一部の人にのみ、その凄さを見せつけていた。

 

そして周りの誰もが田原さんの良さを分かってくれないことをいいことに、

 

独り占めの気分でかなりの勢いで田原さん好きになっていく。

 


 1995/7/30 海ノ中道海浜公園野外劇場曲順

虹の彼方へ、メインストリートへ行こう、LOVE、CHILDREN’SWORLD、my.life、

マーマレッドキッス、雨のち晴れ

思春期の夏、君がいた夏、抱きしめたい、CROSSROAD、[es]、フラジャイル、RoundAbout、DanceDanceDance

ラヴ・コネクション、everybody goes、星になれたら、イノセントワールド

~アンコール~

and close to you 、Tomorrow never knouws、シーソーゲーム

★やっぱ野外は夕暮れだったな、と背景をまた変えました。野外ならではの演出。

日が暮れるにつれて私も田原さんに落ちていきました★

田原さん、50歳のお誕生日、本当におめでとうございます!!!

 

毎日毎日、自分のやりたいことに追われていると、なかなか毎日田原さんの音を聴いたり、田原さんのこと考えたり、そんな時間はもう減ってきちゃったけど。

 

やっぱり、こう9月24日が近付くとソワソワしたり。

 

今日は仕事になっちゃったけど、どうやってそこで、お祝い感出すかなとか。

 

それを来てくれる人にお話したりしてると、やっぱり楽しいなぁと思います。

 

田原さんに会える回数も減っちゃったし(これは自分の意志ではなく)寂しいなぁと思うことも多々あります。

 

が、その分自分のことに力を入れられることはありがたいなぁ、と思ったり。

 

田原さんに会いに行くにはお金がかかる。

 

昔は、もうそこが全てだったから、全部をそこに注いでたけど。

 

今は他にも色々とやりたいことがあります。

 

んで、それをやれてる時間がとっても楽しい♡♡

 

 

田原さんと会うことも、田原さんに会うまでの時間も会った時間も全部貴重だし、全部大好きだし、たまらなく幸せです。

 

 

だけど、その幸せだけが幸せだけでもなく、その時間もご褒美だけど、もうね、私の人生全てがご褒美な感じが今はしています。

 

 

田原さんに会うために頑張るんじゃなくて

 

田原さんに会えたから頑張れる♩♩

 

なんかね、ホントに今はそんな感じで、田原さんに会わない日々もものすごく充実していて、また田原さんに会えるのがとっても楽しみです。

 

 

出来ることならばもっともっと田原さんに会いたいし、出来ることならば、昔みたいに、いっぱい会いに行けるようにしてほしい(笑)

 

いや、それは切に、いや、むしろ、もう土下座してもお願いしたいくらい(笑)

 

 

だけど、行けないからと言って、自分の人生は悪いものではない、です。

 

けど、行ける方がいいものにはなります(笑)

 

だから行きたい、もうちょっとだけはたくさん会いたいです、せめてドームだけでも(笑)

 

 

今がそれが難しいんやったら、せめて長く、長く、田原さんに会えたらなぁとそれだけを今はものすごーーく願っています。

 

 

田原さんのギターの音が本当に好きで、田原さんの姿がとってもかっこよくてライブで田原さんにまた会える日がワクワクドキドキです。

 

 

このワクワクドキドキがあと、出来れば30年くらい続いてほしいと、自分だけの欲望だけでいえば思います。

 

だから、私も健康でいます。

 

私の年齢やって、病気になっても死んでもおかしくない年齢に突入しました。

 

だから、田原さんも心も体も元気でいてほしい、それが切なる願いです。

 

IMG_20170911_233532049.jpg

 

田原さんだけじゃなくて、ホントに田原さんを取り巻く、全ての人が出来れば心も体も元気で長生き出来ますように。

 

 

笑顔でいれますように。

 

 

そのそばにいる、田原さんも笑顔で、元気で長生き出来ますように。

 

もうね、もう本当に願うことはそればかり。

 

1日でも多く、Mr.Childrenのギターでいてほしいと思ってます。

 

んで、私はとにかく1日でも多く田原さんの姿を見れる日を増やしたい!!!

 

田原さんにたくさん会えた人生だったなーーって言いたい!!

 

だから、私も元気で会いに行けるようにいたいし。

 

そのために自分の人生も楽しんで、充実したものにしてたいなぁと思います。

 

 

昔は、田原さんばっかりが進んで、どんどん次のステージに行ってる気がして自分は全然進めてなくて、何にも変わってない気がしてたけど。

 

今は田原さんが変われば変わるほどに、私も楽しめる気がしてます。

 

 

「あぁ、私も人生楽しんでいいんだなー」とか。

 

「いくつになっても、新しいことってやれるんだなー」ってのを全部田原さんから、勝手に受け取ってます。

 

 

んで勝手に背中押されて、ホントに人生全部いい方向にしか進んでないよ、ホント。

 

そう思えるようになったきっかけも全部田原さんのおかげ。

 

田原さんの存在があったからこそ♪♪

 

もうね、本当に心からのありがとうございますと、大好きを今年も心の底から言いたいです。

 

あぁ、いつになったら面と向かって言えるのかな♩(笑)

 

その欲も忘れちゃいませんよ(笑)

 

ホントに大好きです。

 

本当に本当にありがとうございます!!

 

もう、これが言えたら死んでもいい!!いや、嘘!!(笑)

 

言っても自分の人生更に楽しみたい(笑)

 

 

ということで。

 

ブログ書くのも久々だし、田原さんのことをこんなに想うのも久々?なのかな。

 

いや、でもいつも心に田原健一。

 

田原さんのことは、いつでもいつでも、すぐに気持ちはマックスに持っていけるわ。

 

 

本当に大好きです。

 

一緒の時代に生きてくれていて、生まれてくれて本当にありがとうございます。

 

生んでくれた田原さんのご両親にももう感謝感謝ですね(涙)

 

田原さんの人生を作ってる全てに感謝します。

 

やし、そんな田原さんのことを知れて、これだけ好きになれて、好きでいれる私の人生にももう感謝感謝、感謝しかない!!!

 

 

あぁ、もう、ホントに田原さん、ありがとう!!!

田原さんが大好きだーーーーーー!!!!!!

 

 

50歳、おめでとうーーーー!!!

いつまでも元気でいてねーーーー!!!

ミスチルはあと30年でも、田原さんはひくくらい、生きてくださいーーーー!!!

 

 

久々に書いてて、涙出て来たわ(笑)

 

ホントにこんだけ好きになれる人に出会えたことが何よりありがたいこと。

 

何度も書くけど、高1の夏、ミスチルのライブに連れてってくれた友人にはホントに今でも心から感謝やし。

 

あの時イヤイヤながらでも行って、見て、田原さんを好きになれた私!!マジでグッジョブ!!ホントにありがとう、高1の私。

 

 

あれから25年。

 

まだまだこんだけ現役で好きだ、大好きだって言えることもありがたい。

 

 

田原さん。

 

 

田原さんもだし。

 

 

こうやってMr.Childrenを続けてくれてる桜井さんにも中ケーさんにもJENさんにも感謝です。

 

 

んで、私の周りにて、私と一緒に楽しんでくれるいつものお友達にも本当にありがとう♡♡

 

 

ということで、私の大好きな9月24日。

 

私なりに、私らしく、楽しみたいと思います♡

 

田原さん、本当に50歳のお誕生日おめでとうございます!!

 

これからも、末永く、末永く、好きでいさせてくださいね♪♪♪

 

 

大好きだーーーーーー!!!!

 

 

2019年9月24日 Shinobu