銚子怪談のお化けにインタビュー | てっぺんスイッチ!ブログ

てっぺんスイッチ!ブログ

FM世田谷83.4MHz 毎週土曜日23:00『夜RAJI』
第一土曜日担当『てっぺんスイッチ!』出演者によるブログ

こんにちは、
FM世田谷 夜ラジレポーター(最近、万年筆で字を書くと字が上手く見える事に気づいた)
スズタクです。

今回私は、なんと!
千葉のはずれの港町(銚子)にある、
ローカル鉄道をマルっとお化け屋敷にして走らせる!
そして、お化けさんとお友達になれてしまう!

そんな、
たのしい、たのしいイベントが開催されると聞きまして、
私、スズタクがさっそくお化けさんにお話を伺ってきました。


現地に到着しますと、さっそく出迎えていただいた。
お化けさん。

銚子怪談 銚子電鉄


7月19日から銚子電鉄でお仕事をするようですが、なんだか少し疲れているご様子。

体調が悪いのでしょうか?

スズタク
『少々顔色がすぐれないようですが、どこか悪いのですか?』


お化け
『もうすぐ、銚子怪談「~あの世より船霊列車参上~」にむけて、楽しく準備しているのですが、ここ銚子はお魚が美味しいでしょ!
だからついつい夜は仲間と飲み過ぎちゃう。

昨日もね銚子電鉄の仲ノ町駅近くの居酒屋で、、、ヒトダマが日本酒をすすめるから、ついつい、、、』





スズタク
『なるほど(笑)、飲み過ぎは注意したいですね!
さて、今回のお仕事は電車の中ということで、普段の職場(屋敷)とは違いますか?』

お化け
『そうですね。電車は私も初めてで、とても面白いと思ったのですが、なかなか難しい!
揺れるでしょ! ガタゴト、ガタゴト!
だからね、ジッと息を殺してお客さんを待たなきゃいけないのに、動いちゃう!慣れるまで大変でしたね。』

スズタク
『なるほど、いつもと条件が違うというのは大変ですね!』

お化け
『まぁ、足が無いようであるような感じだからね(笑)お化けだけに!』

スズタク
『・・・』

お化け
『・・・まぁ、怪談以外の見どころもありますよ。例えば、電車の古さですね!』

スズタク
『電車、、、どのくらい古いのですか?』

お化け
『昭和30年製らしいです。しかも昔は銀座線として走っていた電車です。』

スズタク
『それは古いですね!』

お化け
『ちょうど私がまだ生きている時に乗っていた銀座線ってこともあってね、懐かしいんですよね。なんか、当時を思い出しちゃう。
大変だったなぁ、サラリーマン時代。。。』

スズタク
『!! もしかして! その大変さあまりに自らの命を、、、』

お化け
『いえ、通勤ラッシュです。足踏まれたりね、、、
銚子ではラッシュが無いから足を踏まれることも無いですね!
あ、足なかったねw』




スズタク『・・・そうですか。
     お化けさん、けっこう陽気ですねw』

お化け『まぁ、本番は任せて下さい!
    お化けらしく決めますから!』

スズタク『期待しています!頑張ってください』






そんな、銚子電鉄夏のイベントは7月19日から!
イベントの専用サイトも完成して、連日メディアに多数取り上げられている様です。
※銚子怪談の運行日は日程が限られるため、スケジュールをご確認の上、事前チケットをWEBからご購入下さい。

銚子怪談専用サイト (http://choden.nazo.cc/)


専用サイトには、ホテルなどの宿泊施設の紹介も出ていて、1泊の観光で行くのもいいかもしれません。

イルカ・クジラが見れるクルージング(http://www.choshi-iruka-watching.co.jp/)や、

水平線が見える灯台(http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/spot/2)など
観光スポットとしても注目されている銚子から、スズタクがお送りしました。


※この内容は(ほんの)一部脚色が含まれている可能性があります。ご了承下さい。