「リコネクティブ・ヒーリング」は、

遠隔でも受けられますが、

 

「リコネクション」は、

一対一で、直接でないと受けることができません。

 

「トータルで一時間ほど」のセッションを、

「72時間以内」に「2回」受けることになっています。

 

私が受けることになったプラクティショナーさんのサロンは、

私の自宅から片道2時間以上かかるところだったので、

72時間以内に2回行くことは難しく、

プラクティショナーさんが気を利かせて下さり、

もっと近い場所にあるサロンで行うことになりました。

 

 

第一回目のセッションは、私の誕生日でした。

 

セッション中は、人によっていろんな体験をすることがあるそうです。

(本に書いてあります。)

 

 

 

でも、私の体験は、特徴的なものは特にありませんでした。

ひとによっては、光を見たり、音が聞こえたりするそうですが。

 

ただ、あるところから、「ノイズみたいな雑音」がふっと消えてなくなったことがあって、

「これってリコネクションかな?」とは思いました。

 

その後は、眠ってしまいました。

眠ってしまっても、効果に違いはないので、大丈夫だそうです。

 

 

私がお世話になったプラクティショナーのKさんは、

「リコネクションお茶会」というものを開かれていて、

「リコネクション」を受けられた方と実際にお話しすることができます。

 

私も、今年の1月に、そのお茶会に参加して、いろんな話をお聞きしました。

次回は、そのお話をしたいと思います。